昔の俺なら抗議してたかも

読売新聞に取り上げてもらった。取材で材料の話になったので材料枯渇の問題もあって確かに国産材で使えるものがあったらいいとは話した。が、そういう林業もないし市場にないので難しいと言った。記事の締めくくりにチュプリの日の出から国産材のギター、そして『日の丸ギター』になってしまうのはさすが読売としか言いようがない。そういえば高校時代によく聞いて練習したPPMについて割愛されているのも反戦のイメージからだろう。私の高校は当時まだ日の丸が国旗ではなかったこともあり入学式でも卒業式でも日の丸は掲げていない。そういう物をあえて避ける文化で育っている。新聞、間違っちゃいないけど、なじまない感は否めなく、笑うしかないのかな。

いつの間にかネットバンキングが使えなくなっていて、どうにもラチがあかないので77の窓口へ出向いた。パスワードを間違えたりはしていない。30分かかって届出印が無いとダメだと言われた。そもそもリモートでの復旧は無理だったということか。印鑑を持参しなかったのは私の不手際ではあるけれど、ネットバンクの意味って、と釈然としないものが残った。セキュリティが厳しいのはいいことだ。けれど、非常に運用しにくいものになっている。そういうわけで振込もほかのネットバンク使うよねぇ。家計簿ソフトとの連携ができなくなったのがつらいのよ。

「昔の俺なら抗議してたかも」への10件のフィードバック

  1. こんばんは、最近、私の知り合いも投稿した文章がかなり手直しされて掲載され、気分を損ねていたことがありました。本人に確認してから載せればいいのですがね!同感です。

    1. 事実確認の電話は何度かありました。それも掲載前日の午後ですから時間がないのもわかりますが。先方が書きたい事を書くんですね。字数制限もありますし、無料の広告なので表現の好みまでは言えないのでしょうかね・・・。

    2. こんにちは。
      昨日、何とか記事を探して読んでみました。
      南部さんが言うのがわかる気がします。
      でも、写真はバッチリでしたね!

  2. 昔の自分が読売の記事を読んでいたなら「こんな右寄りの工房には、制作を依頼する訳がない」と思っていたはずです。
    歳を取った所為か「日の丸」を掲げていても、思想と音楽を同じ視点で見ることはしなくなりましたから。
    然し乍ら元々ジャイアンツが嫌いなので、読売新聞を読むことは、ないんですけど・・・。

    1. いさくさんは私と同類のようですね。痛し痒しというか、逆もまた然りなので、わざわざブログにこうしたことを書くことであんなとこに頼むものかと思うヒトもいることでしょう。結局書いてしまいましたが。

  3. ワタシは巨人嫌い
    ナベツネもっとキライ
    でも読売は朝日よりずっとスキ

    さらに言うと週刊文春大嫌い
    他人の色事なんかほっとけ
    でもナンバー大好き❤

    ギターも人間気に食わんが作品好きとかありそうじゃないですか

    1. もちろん思想は違うけど友達だっておりますし、考えが色々は当然で仕方のない事ですから、作品とヒトはまるっきり一緒ではないですよね。私もあのプロデューサーあんまり好きになれないけどあのアーティストと歌は好きとかあります。SNSが普通になってそれぞれの考え方は以前より見えやすくなりましたからねー。

  4. 作品が、その人そのものという場合もあるのでメンドくさい
    とある高名なガット製作家の100万円のギターを弾いてみましたが、乱れた私生活が透けて見えるようで、タダでも要らないと思いました
    一方、tupliに決めた理由はズバリしっかり感でした
    決めるまで数秒でした
    迷うようじゃダメってことでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください