2°浅い

バンドソーが復活したのでネックの加工も始める。

側板曲げ終わり。ローズは素直でいいね。

いよいよ準々決勝、一つも見逃せない試合が続く。今回アベマのおかげでリアルタイムじゃなくても見られるけれど、スポーツってリアタイがいいじゃない?明朝は早く子供を送り出す必要もないし。寝かしつけで一緒に寝て小一時間で起きてきた。さて、このまま2試合起きていられるだろうか・・・?あれ、オレ今あくびした。

子供カウンターイス下げる

昨日は学習室、今日は3歳半検診と仕事以外が忙しい。
バンドソーのゴム輪が届いた。想像以上に硬くてはまらない。ネットで検索したら車輪外して交換している。外すためにはリングプライヤーなるものが必要らしい。持ってないけどコツは盗んだ。一か所押さえて力づくだわ。2輪のゴム輪の交換完了。

お姉ちゃんがイスの高さ下げてくれって。いつだっけ?作って1年そこそこじゃない?もう高さ変えるのか・・・。座面とステップを1段低くする。

今度のもなかなか独自な仕様で

日本代表は惜しかったね。クロアチアの攻撃は単調だったし(日本の守備のおかげかもしれない)チャンスは作ったし、互角に渡り合ったと思うので(最後は日本のパスが全然回らなくなったけど)とっても残念。最後は経験の差みたいなものを感じたな。PKで相手には余裕があった。

ずる~りゆる~り製作開始。バンドソー使えないしサイドから。

キーパー飛んでからコース変えるってすごいよね、やっとさんのキックまた見たいな。ユニフォーム古くてゴメン、タオルマフラーはもっとずっと古くて・・・。

寝たふり戦法

今でも信じられないよ、スペインに逆転勝ちなんて。友人も言っていたけれど、コスタリカに負けて、ドイツ、スペインに勝って日本が1位通過するなんて予想した人、地球上にいるんだろうか?
前半ブスケツのあたりもあまりプレスかけていなくて、打たせて取る戦法だとしたらボコボコじゃないかとイライラしたものさ。CB3人がイエローもらった時には試合終了時にDFが居なくなるんじゃないかと思ったし。それがどうだ。なんかゴメン、色々きつく言って。まさかの寝たふり戦法だったとは。前半タヌキ寝入りして油断した所を刺すみたいな。今となってはコスタリカ戦で緩めたのもスペインを油断させる作戦だったんじゃないかとさえ感じてしまうわ。
本当にすごい。この過去最強の日本代表なら前回準優勝のクロアチアも怖くない。モドリッチは試合作るだけじゃなくてロングシュートもやばいので囲まなきゃいけないけれど。ブラジル戦まで楽しみにしているよ。
今朝は娘も5時に起きてきて一緒に観ていたので、次もかなぁ?

先日譲り受けた縞黒檀を保管するにあたってスライスする作業の続きを。例によって丸鋸で切り出していくのだけれど、小さくなった時に丸鋸じゃグラグラしちゃうじゃない?で、考えた。全部切らない作戦。うちの小さな帯鋸でも切れるところまで切れ目をいれておく。

こうして何とか指板やブリッジ、ヘッドプレートに使えるサイズに切り出した。ただ、最後に帯鋸の車のゴムがブチ切れた。交換パーツ探さなきゃ。

同時

昨日のカメルーン×セルビア面白かったな。点取り合って拮抗しているのは分かりやすく面白い。ブラジル×スイスも固い試合だったけれど面白かった。ゲームで自分のチームでも重用しているカゼミーロ、あんなにエリア内まで行くんだなとか。守備力で買っていたけれどキック力、シュート力も活かしてあげねばと思った。
今朝からは2試合同時。TVとスマホとで2試合同時に観るなんて初めての体験。結局片方しか観られないね。でも歓声上がるとすぐにわかるから最終節はこのスタイルで行こう。
いつだかのEUROでベイルが守備に攻撃に孤軍奮闘していて、(そのくせ勝っていたような)それ以来すごく気になる選手だけれど、今回は見納めか・・・。


今日は塗装仕事とフレット交換。これは同時じゃなくて交互だから何の支障もない。

ノープランなのか?

ガッカリだよ。昔ながらの日本代表だった。ボールも人も動かないで横パスだらけ、ブロック作って引いた相手に同調したら攻められるはずがないじゃない。ワンツーやドリブルで1枚剥がせばDFなりが釣り出せてスペースが生まれるんだから、点を取らなきゃいけないんだから、なんかしろよ。最後に三笘だけがやっていたけど、彼しかできないならもっと早く使えよ。キャプテンのミスも残念だけど、前半の日本の時間にもっと仕掛けて取っておかないとこうなるのはアジアで散々昔から見てきたわ。ビハインドでも変われないのはなんなんだ。今日のコスタリカ、強くは無かったよ。

今日は日中カミさんの車のタイヤ交換。2本同時に上げると今のうちの車だと高さが足りないので板をかます。危ないのでいいかげん大きいジャッキ買おうかな。コレ、欲しい人居たら差し上げます。2t用、最低80mm、最高380mm、サイドから1本ずつ上げる分には問題ありません。

もわっと

明らかにはがれていると弦を張っている途中で気づく。チューニングの最初が分かりやすい。もわっとぼやける。修理が終わったので弦を張ったらメールしよう、と思ったところで裏力木のはがれを発見。修理していいと連絡を受けて早速取り掛かる。

大会6日目はウェールズ×イランが面白かった。特に最後、10人になって0-0を狙うウェールズと何としても1点取りたいイランの構図。以前ほどベイル1人のチームという感じではなくなったウェールズが必死に守り、打ち急ぐイラン。そんなんじゃ入らないんじゃないかなーと思ったら入っちゃった。ごめん、イラン。
カタールはなんかちょっとかわいそうだったな。疲れが出たところでのミスをかっさらわれて、開催国だけど一番で敗退が決まっちゃって。国内がしらけちゃわないことを祈る。

ずっと不安定。

タコマの12弦リフィニッシュの1セット目を吹き終えた。つくづくキルトがすごい。メイプル本人は体内がこんなことになってるって知らなかったんだろーなー。

今朝は4時起きでブラジルを観戦した。まだギアが2くらいに見えたけどさすがだわなぁ。ドリブルで切り込んでいくのは見ていて楽しい。
今回abemaが無料放送してくれているのはありがたい。19時からの試合とか、必ず途中で子供らを風呂に入れるというミッションがあるんだけれど、iPhoneでも観られるから風呂の中でも流しておくことができる。テレビだとちょいちょい止まるし画質が悪いのは何とかならんのかなぁ?うちの通信環境が悪いとか字幕出るんだが、ルーター換えたばかりだし、わりと速い部類だと思うんだけど・・・。写真はアルゼンチン戦。

まさか逆転で勝っちゃった

昨日は新潟の祖父母と待ち合わせして彼ら子供ら念願の牡蠣小屋へ。幸福な光景。

大きなシャベルで4回追加してくれて時間いっぱいで全て平らげた。こんなにきれいに食べ終わっている光景を見たことないわ。1年分の牡蠣食べたなぁ。くっつり。

当然今日はこの話題でしょ、ドイツ戦。前半は大人と子供の試合のようで目も当てられないひどい有様。ジュンヤがDFラインに吸収されて前線からのプレスは効かないしカウンターもできない。左のクボ君は当たり負けしちゃってキープできないし。それが後半3バック(5バック)に変えてから見事にハマった。まったく別のチームのよう。監督の采配がこれほど見事だったことがこれまでにあったろうか?ゴンダも前半のミスを帳消しにするようなスーパーセーブをいくつもしたし、エンドウはさすがのデュエル王っぷりを見せてくれたし、アサノのニア・ズドンはノイアー相手にすごすぎる。震えた。本当にすごい。ありがとう。ノイアーから2点も取れたんだからナバスも恐れすぎることはないのかもしれない。楽しみになってきた。ちなみに、まだ尚早を承知で・・・期待を込めて日本2位通過を予想していたけれど、そうすると突破した先にはまたベルギーが待っているので、西〇前監督みたいに後ろ向きに2位通過なんて狙わずにガンガン1位通過を目指すぐらいの気合いでぶつかっていって欲しい。次も次の次も超強敵だけどさ。

塗装はがし終わり

セラック塗装をはがし終えて木地研磨、塗装準備。カッターの溝が深いと不平言ったのを撤回して謝罪する。埋め木してあった。隙間があいていたんだわ。

昨夜はイングランド×イラン戦の80分あたり、5-1まで見て寝落ちした。気づいたらオランダ×セネガルをやっていて、0-0で拮抗しているなと思って寝直した。イランは前半受けに回りすぎたね。2点取ったのは大したもんだ。アメリカ×ウェールズが熱かったようで。
さっきのアルゼンチン×サウジは興奮したわ。サウジチームのファンになっちゃう。まぁアルゼンチンとしてはこのあと立て直して2位通過すれば、トーナメントでブラジルとは別の山になるだろうから、それも面白いんじゃないかと思う。決勝でネイマール対メッシなんていいじゃない。
これまで見てきた感じとして、初戦から絶好調のチームより徐々にフィットしていったチームの方が優勝しているような気がするので、超強いイングランドはどっかで足元すくわれると予想する。
さて、レバンドフスキも見たいけれどムバッペとチュアメニ見たいからどっかで寝て4時起きしたいところ。

ギター工房tupli でのギター製作と日常を綴ります。