備長炭のちクビレの修理

備長炭ナット・サドル出来た。できるもんだなぁ。ラウドになった。輪郭が出てなかなか良い。材はキンキンしているけれどガットの音自体は金属的な感じもしないしなかなかだ。ただ、すぐに欠けるもろさが気になるのと、材の切り出しの大変さ、ナット用のヤスリの切れ味が落ちるように思えるのとで気は進まない。

次は美しいギルドの12弦。こちらはくびれ部分のバインディング剥がれ。

先日娘の瞼が腫れて病院へ行った際に先生から言われたこと。「風邪の症状は?鼻が出てるだけね。で、呼吸が苦しかったり寝られなかったりは?ないのね。じゃあいい。治療の判断基準は支障があるかどうかだから。本人が困ってないならそれはそのままでいい。」

これがハッとした。そうなんだなと。間違ってなかったなと。ギターの修理も基本的には同じ。例えば「フレットが減ってきているんで交換できますか?」なんて聞かれることがよくあるけれど、演奏に支障がない、ビビってない、なら交換しない。そりゃ受ければ25000円くらいの仕事になるんだけれど。俺は美容整形外科ではないんだな。

このバインディング剥がれはなかなか厄介でバインディングがだいぶ縮んで締め込んでも付ききらない。ネックの所まで剥がしてずらすことで直すなんて方法もあるだろうけれど、裏ならまだしも表なので指板の下から引き出すことはおそらくできない。しかもギターが美しいので、新たに剥がすことで塗装が割れたりして余計に汚くなるリスクがある。じゃぁ切断するという方法はというと、パーフリングまではがれているので斜めに切ってつなぐと線に断層ができる。そもそも切るのは容易ではなく、気をつけてもそれこそひどい傷が入るリスクがある。全部剥がして巻きなおすってぐらい綺麗にやりたいならブリッジも剥がして全塗装やり直しだ。やりたくない。このままでは引っ掛かって扱いにくいからくっつけはするけれど、ギターとして支障の無いよう、パッと見てカッコ悪くないようになればいい。そういうわけでパーフリングと木の間に隙間ができようがこのままくっつけるという方法を取ることにする。サイドでバインディングが出っ張るだろうけど、ちょっと削ってサッとタッチアップで済ませようと思う。それが完ぺきではないがリスクが少なく一番美しく一番安上がりで必要十分な修理だと判断した。

炭を切る

手持ちのグラインダーを試してみるも、さほど効率的とは言えず。新しいハイスの刃の方がまだ切れる。すぐに切れ味は落ちる。

片方は削れば削るほど穴が現れておそらく使えない。片方はまともなサドル材が取れた。歩留まりが悪い・・・。

備長炭ナット?

箱になったボディははみ出た分を削り落としてちょっと休憩。

変わったことを思いつく人がいるもんで、ナットサドルをこいつに交換してほしいと。備長炭。ケースの臭い取りに、じゃなくて、硬くてキンキンと音がするからいいんじゃないかと。さて、できるのでしょうか・・・?

ミシン鋸の刃が立たなかったので金属用のノコで。一般金属用もすぐになめたのでハイスピード鋼で。それでも根気の作業。感覚としてジュラルミンぐらいか、もっとかなぁ?元は木だけどこりゃ金属加工の範疇だわ。それこそマシンソーで切るような代物。大学でさんざん使った石の切断機があればなぁ。水かけながら切る卓上丸鋸。もう全然売っているの見ない。昔、久留米の道端で投げ売りされてたの買っておけばよかった。しんどい。

なんとか切断。割れたけど。

意外なことにベルトサンダーによる研磨はそこそこ行ける。グラインダー使わなきゃいけないかとも思ったけどペーパーでいけるならその方がずっとやりやすい。ただ、削ると中から穴が出てきたりする。

ギリギリサイズかと思われたんだけど、割れた。はい。やり直しです。

トイレの熱唱

最近ひとりでトイレに行くようになった娘は、狭い空間でひとりの世界に入るらしく、覚えた曲や創作の歌を全力で熱唱していて面白い。ラプンツェルのゴーテルの「あなたのみ~かた~♪」と張り上げたかと思えば「くるくる取り過ぎよ!」「そんなことないよ」と一人二役の後「拭きましょう♪拭きましょう♪」と創作ソングが始まったりする。全力の大声で。録音出来たら面白いのにまだできていない。

さて、表のブレーシングを削る。「ここを削るとタッピング音がシャープしてこっちを削るとフラットに動くんだってさ。俺は分かんないけど」とクリスが言っていて、何年か気にしてみていたんだけど結局俺もわかんなかった。あんなに可憐なバラのインレイを入れたり、俺の下手すぎる英語に付き合った結果、夕方に熱を出してしまったほど繊細なアメリカ人なのだが、「わかんないんだけどさ」と言って気にしない、それでいいんだ、みんなもそうかと学んだのだった。緻密さと適当さのバランスかなって。叩いてみながら、こんなもんかな、もうちょっとかなとか考えるけどわからないから適当な所でハイばっちりオッケーと先に進むのである。屋外でかき鳴らす姿を想像してやや硬さを残して。

で箱にする。あぁ一安心。連休にずっと作業場にいたのでその罪滅ぼしに夕方みんなでショッピングモールへ出かけた。ただああいうところへ行くと娘はキャラクターものの車型ベビーカーに座って全く歩かないのが良くないよなぁ。

真冬の屋外のソフトクリーム

表の力木接着。湿度は昨日の方が低かった。この差は何だ?

接着面も作っておく。力木貼って明日が晴れなら明日も仕事決定だからね。

娘とママで散歩に出かけたと思ったら、近所のヨーグルト工房へソフトクリームを食べに行ったらしい。娘の自前のおこづかいで。寒空の下で高級アイスね~、まぁお年玉もらったもんね、自由だけどさ~。今夜はー8℃予報出てるんよ。

連休の箱作り

力木接着したらあまり時間はおきたくないので、今日はガワと合体させるまで一気に進める。朝寝坊だったのでのんびりしていらんないよ。

力木削ったらサイドの準備。接着面整えたら、裏板の位置合わせをして、サイドに割れ止めを接着。それを磨いたら仮置きしながら接着面の最終チェック。

今日のノルマである裏甲付けは終わった。次は表、晴れた日じゃないとねぇ。この連休は天気がいいらしいので、どこも出かけず仕事なのかな~?

もしかして暖冬なんじゃないの

前回のニカワ作業から間があいたので残っていたのは捨てて新しく溶いた。濃さは完全に勘頼み。写真で見るとポット汚ねー。

ブレーシング接着。暖かい(朝の屋外でも0℃以上ある)し、最高に乾燥しているし、こんなに仕事しやすい冬は初めてかもしれない。あ、この定規ね、接着補助としての仕事中ね。

今日ラジオの全国放送の番組に浜ちゃん出てたわ。友達の友達として知り合って何度かキャンプご一緒させてもらった浜ちゃん。やっぱすんげー人なんだなぁ。

リセット修理大詰め

手術用に開けた穴をふさいだらフレットも元の位置に戻して軽くすり合わせ。

ナットとサドルを作り直して、残るは最後の仕上げ作業のみ。見違えるほど、聞き違えるほど、音変わったと思うわ。 弦高も超絶バッチリ。 000で本当にいいな~って音のギターは滅多に出会えないと感じているんだけど久しぶり。すごく良いギターだったわ。スケールポイントだけなぁ・・・。

ラベルによる

今日は娘の日本脳炎の予防接種。注射を理解した娘は病院で呼ばれても動こうとしないで、「ちっくんやだー!」と大泣きした。注射が終わっても不機嫌MAXで「もう強いからチックンしなくて大丈夫!」と大騒ぎした。これまで注射でほとんど泣いたことが無かったのに。これも成長だなぁと思いながらもイラッとグッタリした。昼食後の眠い時間だった所為というのもあるだろうけど。

さて、続きの続き。今日も剥がれたところを接着しなおし作業。接着剤がついても目立たないラベルのおかげで修理痕が分かりにくくてうれしい。

ギター工房tupli でのギター製作と日常を綴ります。