左足が不器用

遅ればせながら裏板のはぎあわせ。年をまたぐから慌てなくていいやと、長時間放置しても良くないし、とココまで遅らせていたら道具の都合で表板の作業と干渉した。まぁ一日ずらせばいいだけなんだけれど。

最近時々、作業の合間に庭でサッカーボール転がして遊んでいる。3分ほどで息が上がって死にそうになる。俺が子供のころには教えられなかったボールタッチが一般化してきて全くやったことのない動きがたくさんあってな。先日ネイマールの技を練習しているって言ったら鼻で笑われたのがちょっと悔しい。無理もないけど。一般的なダブルタッチとネイマールのダブルタッチの違いは分かってきた。逆方向もできないと意味ないんだよなぁ・・・。

2023ブログ初め

年末年始は新潟の妻の実家へ。直前の立ち往生のニュースで若干の心配もあったけれど、滞在中ずっと雨。雪なんてほとんどなし。あったかいんだね。毎年恒例で購入しているおせちのお重、年々少しずつ小さくなっている。今年ついに木製からプラスチック製になった。うまいことやられているけれど、企業努力ともいえるわけだ。

義父手作りの棚が見事だった。おしゃれだし部屋がとても広くなった。コードの隠し方まで考えられていて、ジェラシーというか、負けてらんねーな。

宮城に戻って友人一家とスキー場で待ち合わせ。うちのお母ちゃんは仕事初めで欠席。1年生組は板をレンタルしてどんどん上手くなる。チビどもはソリ。お昼過ぎには疲れて帰るだろうと思っていたけれど、板を帰す15時までみっちり遊んだ。最終的にお姉ちゃんはリフト乗ってスイスイ、途中よそ見する余裕すらあるんだ。

翌日の夕方気づいた、俺、ストック忘れてきたみたい。スキー場に電話するも不明とな。年始早々やらかした。

ボール盤で厚み出し

昨日作り始めた治具、とても簡易的だけど出来上がり。ボール盤の台とネックを押さえる物。ボール盤の特殊なビットで厚み出しをやってみる。ヘッド上部はカンナでも削りやすい場所だからこれで削るのあきらめた。

うちのボール盤がショボショボなせいでセッティングが大変。台の高さ調整がハンドルでできる物ならもっと使い勝手がいいかもしれない。まぁ結局この後カンナとペーパーで仕上げる必要があるけれど、削る量が多いのなら時短にはなるかな。ただ、使わない時に少々邪魔。

ヘッドの厚みがおおむね整ったのでペグ穴を開けた。

気ぜわしい季節に

研磨から塗装。先日のミス、だいぶ目立たなくなった。これならこれ以上戻らないで進められそうな気がする。ちょっと胸をなでおろして、穏やかに新年を迎えられそうだ。

数年前に買った道具が使いにくくて放置していたんだけれど、ふとこんな作業台とちょっとした治具があったら使えるかもしれないと思い立って工作を始めた。どうしてこうも気ぜわしい時期にこういうの始めちゃうんだろうなぁ。

クリスマス2022

埋め込んだ青染めメイプル、削った。色が消えなくて良かった。これ、面白いな。今まで見たことない。ちょっとアルゼンチン代表みたいだ。メッシの年だからぁ。

それからネックの加工を少々。

今朝は我が家にもサンタさんが来てくれたようだ。いつもリビングのツリーの所に置いていくので、早朝子供らが喜んでいるのは布団の中から声だけ聞いた。

私はずっと気になっていたカウンター周りの電源確保のため、延長コードをきれいに設置するというミッションを完遂した。これでスタンドライトや鉛筆削りなどもすっきり配線できる。

フムフムで満ちている

いつぞや染めたメイプル材、ホールロゼッタとして加工する。

手元に置いておきたくなる名著が届いた。世界は多様で、それでいてみんな似たようなもんだと感じさせてくれる、カフェで親しい友人から旅の土産話を聞いているような、あぁそうだ、カフェに置いてあったらうれしい本だなぁ。ほっこりなエッセイとかわいらしいイラストでニマニマが止まらない。読書ってほどじゃない軽さだけど結構学びも多いのよ。
金井さんはうちに取材のレポーターとして来てくれたことがあって、それ以来のファンなのです。

年末の大失態

昨日のこと、ワクチンで腕動かないしだるいし、座ってのんびりできる塗装研磨しよう、今日頑張れば年内に仕上げられるかもって、ギターを作業台に運ぶ途中でよろけて手がギターに当たって塗面ガリッってやっちゃった。研磨したら一部で塗装が剥がれた。年内の仕上げは絶望。どこまで戻るべきか年内に判断できるといいけれど。あーゲンナリ。こんなことなら昨日頑張らないでサボればよかったわ。少なく見積もっても1ヶ月は遅れた。お待たせしちゃうなぁ。

今日はいくらか体調も回復して、ライニングにカンナをかけた。

冬至。今年のカボチャはとても甘い。畑、だいたい失敗だったけどカボチャだけは大成功だったな。この前煮つけたし一昨日ポタージュにしたから今日はカボチャサラダで。

4回目ワクチン打ちました

こちらにもゴッツいライニングを接着。

表力木はがれの修理を一つ。

決勝戦すごい試合だったね。こんな感じじゃフランスもう無理かなって思ってたら文字通り目の覚めるボレーシュートで追い付いて、この勢いだとフランス優勢だなって思ったらメッシが入れて、アルゼンチンかぁと思ったらフランスまた追いついて・・・。結果はご存じの通り、メッシが本当に神様になっちゃった。
ところで、ムバッペはTVで呼ぶときエムバぺに統一されたみたいだね。どっちが本当に近いのかちょっと調べてみたところ、まぁ判然とはしないんだけどいくつか見ての俺の見解は、本当はンバペが近いんだけれどフランス人もンから始まるのは言いにくいみたいでェンバペといったところなのかな。本人もムバッペはまぁいいよ、エムバぺには苦笑い、エンバぺはあぁそれでって反応だったのでここで表記することがあればエンバぺにしようと思う。
そういえばドイツのハフェルツもテレビではハバーツだったし、誰が決めるんだろうな。この手のは木材界にもあって一般にマッカーサーエボニーと呼ばれているけれど、本当はマカッサルエボニーなのよね。

大きなライニング

お仕事再開。とっても寒くなった。梅雨の湿度もひどいけれど、寒いのも木工には難しい環境。何しろボンドの推奨温度が10℃以上だから。
ライニング接着。くびれ部分にごっついのを貼る。

クロアチアもモロッコも強かったね。ものすごく狭いところを2~3人で抜けていく技術はモロッコに軍配。疲労と怪我人に苦しんだ。クロアチアの2点目はスーパーだった。あぁ、あと1試合だけかぁ。。

ギター工房tupli でのギター製作と日常を綴ります。