ブルゾン

島村ギター無事納品完了。店舗前屋外での受け渡しだったので反応が見られなかったのは残念だけど、二つ肩の荷をおろして一段落。
ひとり仙台に出てきたついでに服屋さんへ。何年も前からちょっとひっかけるブルゾンを探していたのに最初に入ったお店で即決した。ついに買っちゃった。ここ最近はネットなんかでも見ていたので相場は知っている。イタリア製鹿革スエードのブルゾンといえば名のあるブランドなら10倍くらいする。まぁ今回の古着だけど。んで家に帰ってまずボタン2つ付け直してボタンホールのほつれ直したけど。でもれっきとしたイタリア製鹿革スエードのブルゾン。前のボタン留めると腕上がらないのはイタリア人だって同じはずさ。

#084argo #085vesse

改めて。2本の島村オーダーギター完成。移転リニューアル1周年を記念しての特別なオーダーということで材料が特別。サイドバックがジリコテのargoとホンマホのvesse。納品は9日に決定。島村楽器仙台ロフト店にお問い合わせを。

argoの感想を述べていなかった。材の硬さ、重さから想像するよりもずっと明るい音の印象。堅牢で重厚を想像すると、おっ、明るいなって。あ、なんかもっと取っつきにくいおっかない人かと思ったら案外気さくなんですねって感じ。ボキャ貧ですんません。

数年で朽ちた

ここ数日、作業場が妙にシンナー臭いような気がしていたんだ。
しばらく使っていなかった塗料缶、底が錆びて穴が開いていた。漏れてた。以前一時段ボールに入れて床置きしてたのが最悪だったんだね。こぼれた分は放置して残った分を要らない缶に移した。内蓋のある缶に塗料や有機溶剤だけ入っているなら塗料屋さんに頼めば廃棄してくれるはず。にしても、もっと前に手を打てばよかった。

それから、案じてはいたんだけれど、実際起こると落胆するね。ウッドブラインドが1歳児によって割られた。一応接着を試みる。こうして触ってみて思うのは、いくら軽さ重視といえどもこんなに柔らかくて弱い木でいいんかなと。一枚板もいいけれどプライ材とかもうちょっと丈夫で使える材料無いものなのかな?

こちらのロッドカバーはオーダーがエボニーだけど、ジリコテもサービスで付けちゃおう。あんたがこのカバーつけなくてどうする。

どじょうすくい

今日は友人たちが蔵王に集結。上の娘は今日の日を指折り数えて楽しみにしていた。ちょうど1年ぶりくらいなんだね。春以降コロナのせいで交友関係交流関連については時間が止まっているようだ。
皆でお昼食べて足湯につかって、

帰ってきて虫取りして。男の子兄弟が最近は水生生物にはまっているとかでうちの水たまりを網でガサガサ。ザリガニ取れたぞ。こりゃイカン、オカにあげておこう。

ちょっと胴の短いドジョウがたくさん捕れた。おかーちゃんが「ホトケドジョウかな・・・。」だって。すんげー詳しくなってるじゃないか!男の子を持つ親はこうなるのか。

マッチングカバー

ジャンボフレット打ったガットギターを引き取りに持ち主の先生が来てくれた。これまでガットギターに背の高いフレットを打つことに不安があった。ジャンボは置いといて、背の高いのは個人的にわりと好きなんだけど、シャープしてしまいやすい気がして。でも今日先生はジャンボフレットいいじゃないかと。俺もこれに替えようかなって。打っていいんだ。
シャープしやすいならかえって長3度の音をシャープ気味に押さえたら純正率に近づけられるかもしれない。なんて言い出して、左手の押さえ方で音作りをするギタリストが実際にいたなんて話から、純正率の和音の大切さ、純正率から現在の平均律になるまでに他の調律が試されてきたことや、シューベルトの頃は435Hzだった(っけかな?まぁとにかく今より低かった)こと、その時代は一曲ごとにチェンバロまで調律していたこと、その調律に不向きだったリュートがこうして廃れたことなどなど・・・ノート取っておけばよかったっていうような音楽の歴史の授業だった。純正率の和音って本当にスッキリしてるんだよね。平均律に慣れているから普段は全く気にならないというか分かりゃしないんだけど。
結論として、ガットギターにも背の高いフレットはアリであるということ。

久しぶりに製作ギターを。なんだ、まだ完成させてなかったのかって感じだわね。ロッドカバーにホール飾りと同じ模様をワンポイント入れてみた。これ、オーダーになかったんだけど。マッチングヘッド。言い過ぎた、マッチングカバー。

それからピックガードを作った。ピックガード材に初めから両面テープが貼られているので、切断面を磨くときにテープに削ったカスがつかないようにと注意すると、どうしても表面の保護フィルムが浮いてしまうのよね。買ったら最初に剥がしちゃってほしい。
あ、やゔぁい、この糸屑くっついたみたいなホールとべっ甲柄ピックガードの取り合わせ、新鮮。ちょっと見惚れる。

ホンマホの実力やいかに。ナット切った時の仮弦でちょっと音を出してみた感想は、アフリカンマホよりもキリッとパリッとしている。マホの土臭い感じってのはあまりしない。強さがある。あぁ、万能型かも。ちゃんと弦替えて写真撮ってとかしたらちゃっちゃと納品する。来週か遅くとも再来週には。納品したら一周年イベントを待たずにまもなく店頭に並べられるって話だし、予約も受けるとか言っていたので島村楽器仙台ロフト店に聞いてみてくだされ。ちなみに一周年イベントはたしか今月末ごろで、24日はtupliオーダー相談会も予定されております。

渦巻きに注意

今朝、近所の木工仲間というか大先輩というか、家具・木製食器作家の歳の離れた友人から電話があった。聞けば数日前に作業場向かいの機械場(納屋)が全焼したと。慌てて長靴と軍手持って様子を見に行ってきた。片づけの手伝いに。おかしなくらいスッキリと跡形もなく。おそろしい・・・。

昨日、大型機械は運び出したそうだ。ここには2階建てがあって、昇降盤と大きな帯鋸と2m超えのオノオレカンバなどの銘木材なんかがあった。作業場母屋に延焼しなくてよかったねぇ。ガラスは割れたようだけど。火災原因はおそらく消し忘れた蚊取り線香だとか。木工所の火災は他人事ではない。おそろしい・・・。ざっくりと分別して帰ってきた。

片付け作業中にはギタリストの友人から連絡があった。今夜TV出るって。tupliと一緒に。
ドラマーも一緒にキャンプした人だ、お久しぶりです。また飲みたいです。ベースは、あれ?違う人、かな?ギターは端っこで本当にチラリだったね。見られてよかった。元気そうで何よりです。


何の骨?

ナット材の在庫がかなり心許なくなっていたので先日アメリカのサイトでポチッたわけだけれど、その翌日、FedExの人(日本人)から電話があって、Boan nut & saddleってあるけどボーンって何の骨なの?ワシントン条約があるから明らかにしてもらわないと通せない。学術名を教えて。と言われた。牛ですって答えたけど学術名なんて知らないしこれで通らないなんてことになったらヤバいって嫌な汗をかいた。これまでそんなこと聞かれたことないのに厳しくなったのかなぁ。そんなわけでまたしてもアメリカの販売店に向けてグーグル翻訳なんかに頼りつつのヘタクソ英語でメールした。海外からの買い物は非常に高確率でメールする羽目になるんだけどみんなもそうなのかしらん?

で返信が帰ってきた。それをそのままFedExに伝える。Bubalus bubalis. 電話の向こうで「あぁ、ギュウですね。」と言った。これが昨日の話。
調べてみた。ずぅっとすっかりこってり牛骨の牛はアメリカで大量消費されている肉牛の骨だと思い込んでいたんだけれど、違った。主にアジア、中国やインドなどで家畜として飼われている水牛だそうだ。沖縄のもそうかな?水牛の家畜種。またひとつかしこくなったよ。ギターの牛骨ナットが全て同じ種とは限らないけど。で今朝届いた。FedEx超速すぎる。
幅広のサドル材、漂白物が在庫切れだったので無漂白を試してみる。サドルは漂白物もまだ在庫がある。大差ないんじゃないかなぁとは思う。

昨日のギターもこっちのギターもナット交換。このところ水牛の骨ばっかり削っている。

跡から再現

すり合わせ等の依頼のギター、ロッドを回したいのでロッドカバーを外そうとするもネジ頭がなめている。ちょっと無理するとヒビだらけだったロッドカバーは粉々になった。古いセルロイドがこんな風に砕けているのを見たことがある。今回ロッドカバーの作り直しも依頼の一つなので安心して外すことに専念する。

ヘッドに残っていた跡を元にしてジリコテで作り直した。白太つき。こうして写真を並べてみるとちょっと形が違うかな・・・?

コロナ禍の運動会

今日は幼稚園の運動会。0~2歳はコロナとか関係なく町の政策の影響で今年から運動会がなくなってしまった。
平日に運動会ってだけでもおやおやと思うけれど、密を避けるために観客は地域ごと、今日はうちの地区、明日は別の地区、そうしておんなじ内容の運動会を4日連続でやるという。子供たちと先生は大変だわ。4日連続のせいなのか今どきの運動会にならって午前中で終わりにするためなのか、競技はかけっこと踊りだけなんだけど。今週の天気が良さそうで良かったね。4回連続でビリになる子のフォローを頼みたい。
観客が少ないというのは寂しさもあるけれど、写真を撮るには好都合で、自分の前にも後ろにも誰もいないからドッカと椅子を置いて撮影できる。
ところが、かけっこ終わるまでの写真、いつの間にかJPEGになっていた。RAWで撮ってたつもりなのに。何事?!って思ったんだけど、プラス押しながらダイヤルで変わるのね。触っちゃったんだね。このショートカット全然いらない。そんなに切り替えたりする?わからない。ショートカットOFFにできないかなぁ?っつーか無くてもいいんじゃない?。いや、なくすべきだ。友人のニコン社員に強く要望しておこう。

運動会で流し撮りしてみる余裕がある。

途中からお日様出てきてようやく暖かくなってきた。

お姉ちゃん楽しそうで良かったよ。下の子はひたすらおやつ食べていたよ。

ほたて

フレット交換したガットギターのナットを交換。オリジナルのがこうなっていたのでスキャロップ(ホタテガイ)。各弦の音が独立して・・・なんて聞くけれど効果のほどはよく分からない。

ギター工房tupli でのギター製作と日常を綴ります。