tupli のすべての投稿

東京生まれ千葉育ち、蔵王町在住のギター製作家。 ベルボトムジーンズが標準スタイル。

今は全部90型

オベーションの続き。海嶺の山脈はやはり直りきらず。残った部分の埋め木をして、はがれた口輪の接着を。塗装の上から貼られているだけなので両面テープだってかまわないんだろうけれど、ちゃんと直すという意味でエポキシ接着。はみ出た分は固まり始める前にふき取るのが大事。冬だから硬化するまで時間は十分あるけれど、夏だと90分硬化型でもハラハラしちゃう。以前24時間硬化型ってのも持っていたのよね。あれ、どうしたんだっけなぁ。

希少になりつつあるのに

口輪飾り、一個失敗したぞ。作り直した。ローズウッドオオォ~もったいなかぁ~。

埋め込み。

次の修理はオベーション。表が割れて開いてかなり盛り上がっている。

平らにはなりきらないだろうけど、できるだけ出っ張りはつぶして接着したい。この修理の難しさはラウンドバックで不安定ってことかな。埋め木は2回に分ける。固定は非常にアクロバティックになった。

キャンペーン適用基準

今日のお仕事は、もう一方の側曲げ、バックセンターの埋め込み、ネックの準備。

10周年キャンペーンに駆け込みがあると期待して、適用基準を確認しておこう。仕様がすべて決まってから製作を開始するので、通常は仕様がまとまった時点でGOサインをもらってそれを正式オーダーってことにしているのだけれど、今回のワンポイントインレイ無料キャンペーンに関しては、オーダーの意思表示があって、わかる範囲内で構わないので仕様について情報をいただいていることを原則としようと思う。例えばボディ形状だけでも。仕様をまとめる期限も設けた方がいいのかもしれないけれど、厳密に時間を切ることも無いかなとも思うので、なにしろ普通でも1か月から3ヶ月ぐらいかかったりするので、まぁほどほどにって感じで。何年もまたぐなら違うなぁくらいな感覚。何か作り始めたとか、それ用に何か仕入れたなどが無い限りキャンセル料ももらっていないので、それも変わらず。2018年中にメールなど文書でオーダーの意思表示をしていただければ有り難い。
デザイン考えるのは大変なんだけど、たくさん駆け込みオーダー来ないかな~。

初雪の日、友人と三脚が来た

初雪降った。娘は早朝から早く起きてよと幼少期のアナよろしく寝ている人の上に乗る。興奮気味に「冬が来たね」と連呼して喜び庭駆け回った。

そんな雪の中、今日は友人がケーキと一緒に遊びに来てくれて、大人は丸くなって部屋の中でぬくぬくとおしゃべりで過ごした。

ところで、悩んだ末に奮発して購入した三脚が届いたぞ。10年使ったスリックとはこれでお別れだ。当時はコンデジしか持っておらず、割引になっていたコレをあまり考えずに購入。ちょっと調べてみると耐荷重1.5kgは一眼レフのズームレンズをつけるとちょっと過積載だったようだね。5000円未満で買った割にはまずまず良いモノだったし良く働いてくれた。

今回買ったのがベルボンのウルトラ655。ビデオ雲台に惹かれつつも、ビデオ雲台は最高級モデルじゃないと縦撮りできなくて(まぁビデオカメラを縦で撮るなんてあまりしないからそりゃそうだろうけど)完全に予算オーバー。ギターの写真は縦が多く結局普通の3WAYにした。コンパクトさの自由雲台も魅力的だったが水平の取りやすさを重視することにした。それでも持ち運びにコンパクトなの、という希望は捨てきれずこちらに着地したというわけ。

ちょっと触ってみただけでコイツのすばらしさに感激している。ウルトラロックの足もクチコミほど固くもなく使いやすいし、まぁ微調整は慣れがいるかもしれないけれど、三段階に開くし、パンも適度な固さがあってゆっくり動かせるし、安定感は段違いだ。しいて言うなら収納時にハンドルを一つ外さないとケースに入らないこと。ケースのチャックが2つついていれば外さずにはみ出してしまっちゃえるから、ケースをそうしてほしかった。

ネットで見ているとサイズ感が分からなかったりする。ついでに同時購入したエンドフックが全くつけられないというミスを犯した。そもそも純正で付けられる物がないのね。エンドキャップに穴あけてボルト通しちゃえば付けられるかな。

裏のリペア完了

おうおう、ワードプレスのエディターが大々的に変わったなぁ。まだついてゆけぬ。

裏割れギターの最後の仕上げ。研磨してバフがけ。光の角度によって傷はもちろん見えるけど、満足の仕上がり。これで精一杯っす。

ピックアップを仕込みなおそうと思ったら、シールドが断線しとる。俺が取り外す際に切ってしまったのやも知れず・・・。簡単で良かった。コルクシートもあるので元通りにしておきました。

製作は側板の厚み出しをして曲げ、片側。

牡蠣小屋初体験

今日は妻の私用の運転手として同行して、平日昼間に時間ができたので、ずっと行きたかった牡蠣小屋へ向かった。今ほどあちこちに無かった10年前から機会をうかがっていたのだけれど、休日は予約が取れないし、「2名から」というのが最大のネックとなって、これまで行けていなかった。

着いたら既にスタンバイされている。待ち時間ゼロでスタート。

きゃー!あがるぅ~!直後にスコップで2杯追加された。一度牡蠣に手を付けるとカメラは触れないし、そもそも手が止まらない。その瞬間を撮りたかったんだけど。

宮城県民で良かったと思った。こんな贅沢があろうかと。向かいのおねーちゃん2人組は早々にリタイヤ気味だったし、左手の初老の夫婦は奥さんが牡蠣嫌いだったんじゃないかと見えるほど。我々夫婦がさぞかし異常に見えたことだろう。途中から数えられていないけれど、少なくとも一人60以上は食べたろうなぁ。100には届いていない。鉄板の上をなんとか綺麗にして満腹でフラフラするほど堪能した。ごちそうさまでした。

 

キャンペーンは年内まで

ついに10周年キャンペーン適用のギターが始動。明日以降の天気を見て今日のうちにはぎ合わせをしちゃうことにした。10周年キャンペーンは年内まで。年内に製作が始まらなくてもオーダーいただけていれば対象としますのでお早めに。

お試しインレイ2の結果。オシイね。どうにもパテみたいで残念。ただ、黒い貝などではこちらの方がいいかも。白い貝には前回の方がいいかも。皆さんはどう思う?

今日来た修理のお客さん、今年のW杯、現地で見たんだってさ!あのポーランド戦の時間稼ぎギャンブルも生で見たって。ドーハの悲劇も生で見たって。ツワモノッ!サッカーの話もっと聞きたいわぁ。今夜は天皇杯準決勝で東北ダービー。久しぶりにベガルタ戦をTVで応援しよう。その前に今から年内最後の学習室があって、買い物行ってお迎え行って。夕飯は短時間でできる手抜き料理だとすると・・・何にしようかな。

お試しインレイ2

お試しインレイパート2。実験なので切るのも掘るのもやや雑。だがそれがいい。それでこそ実験の意味がある。エポキシに木の粉を混ぜるとどうしても樹脂の透明感が残るので埋め込んだ時に色が沈む。いっそマットな色を付けてしまう。ずっとアイデアとしてはあったんだけど、ついに試す動機ができた。

使用したのは趣味で持っている絵の具。木の質感とはかけ離れているからまぁ隙間は目立つだろうけど、どっちがマシかって話。ただ、絵の具混ぜたらベトベトとゴムっぽい硬さが出た。入れすぎたんかな?

昨夜はツリーに飾り付けをした。こういうの、子供が小さいうちだけなんだろうなぁ。

土曜日の虹はよく見ると二重だったのね。

おゆうぎ会2018

昨日は保育所のおゆうぎ会。去年までは固まっていたり自由に歩き回ったりする子が多かったけど、今年はみんな踊っているよ。本人たちがどう思っているか知らないけれど、大人たちはきゃっきゃきゃっきゃとかわいがっておりました。娘はセンターを任されたものの表情は硬く控えめに後ろの方へ。

今日は妻と子が遊びに行って一人ゆっくりできるかと思いきや、洗濯3セット、タイヤ交換、食料品の買い出しまで終えてようやく写真整理。この後ちょこっとPC仕事があって夕飯の準備とな。

ツリーの木箱

ツリーの足元を覆う木箱できあがり。こんな杉材でも、ビス丸見えでも、高級ワックス塗ると見られる物になる。ただね、全然乾いていない材なので、しまい込んじゃうとカビるだろうし、今後割れたりするかもしれない。まぁ割れても味かな。オフシーズンにどこに置いておくかが問題だ。おもちゃ箱に、なるのか・・・?

355mlのタバスコ、ついに使い切った。ここ2年くらい使う頻度がぐっと減っていたから4年くらいかかった。普通のとこれと、間くらいの量のがあるといいのに。