tupli のすべての投稿

東京生まれ千葉育ち、蔵王町在住のギター製作家。 ベルボトムジーンズが標準スタイル。

クラフトフェア1日目

蔵王高原クラフトフェア1日目。朝は雨、昼から晴れた。お隣も後ろも一刀彫。おとなりの蔵王一刀彫は奈良一刀彫のスタイル。材はクスノキ。他のお客さんが来る前に来年の干支のイノシシさんを選んで連れ帰ってきた。後ろ脚が跳ねていてとてもかわいい。

こういうの好きな人はお雛様や兜など頼んでみるといいと思う。リクエストはかなり聞いてくれそう。そうでなくともハシビロコウは一見の価値あり。

後ろの一刀彫は山形。コシアブラの木を使うのだそうだ。鳥の羽を薄く切り出すのが面白い。驚きは使う刃物。俺、刃物わりと好きだけどこれは怖いわ。

うちはミニギターづくりのワークショップだったんだけどお客ゼロ。今日これから工房見学したいって電話があったのでむしろマイナスか(笑)。

しかも帰り道に後輪がパンクというオチ。あわてて路肩に停めるとちょうどそこは整備屋さん。ひとまずスペアに交換だけしてもらったんだけど、何か踏んだとかじゃなくて内減りがひどいと。他のタイヤも。アライメントが狂っているんじゃないかとのこと。明日は無理なので明後日タイヤ買いに行かなきゃじゃないか。調整兼ねて。全くお金のかかる子だこと。

 

ヒスタミン中毒?

一昨日夜中に耳や首があんまり痒くて目を覚ました。腕や脇にもじんましんが出ていた。思い当たるのはサンマだ。ヒスタミン中毒。夕飯にサンマを食べた。家族は発症していないが、みんなが食べない内臓ばかりを3尾分食べたのが原因として怪しい。

小一時間で収まって朝、この時季花粉なのか鼻炎が酷いので例によって鼻炎薬を飲んだのだが、今日は妙に副作用が強く出ると感じていた。喉が渇くのはいつものこととしても、関節痛、筋肉痛、だるさ、午後を寝て過ごした。夜だるさが酷いので熱を計ったら39度あった。

今朝、37度まで下がったが背中の筋肉痛がまだ治らない。発熱がヒスタミンによるものなのか、別の風邪かわからないけど、まぁ収まりつつあるのでたぶんもう大丈夫。サンマの内臓は食べ過ぎない方がいい。

明日は雨予報だけどこけし館でクラフトフェア。心配なのはタープが役場の物だということ。屋根高いし壁ないよね。地べたスタイルだと濡れるかなぁ。びしょびしょになったら店じまいだ。

合皮剥がれ

納品して1年未満のギターケースの外装が浮いてボワボワ。別のものと交換して、そいつは修理を試みることにした。

トップの両サイド、今年は暑かったからそういう影響もあるのかなと。それにしても広く剥がれている。悩んだ末、角から攻めることに。

スプレーのりってわけにもいかないので合皮には王道のGボンドで。でも端っこがうまくつかなかった。ボンドが上手に乾かないのか、空気が抜けきらないのか、新たに剥がれていってしまうのか、おそらく全て。合皮の裏のネット状の紐まではがれてしまうのかビニール素材が伸びたように端っこでひどくボコボコになる。ケースとしては使えるけど自宅用だな。

コップ大賞授与式

今日は夢のコップ大賞の授与式。娘2歳当時の落書きが完全再現されてコップになっていた。すごい。こんなことができるんだなぁ。結構ステキじゃないか。

大賞は圧巻の美しさ。ワイングラス型だけど取っ手が付いている所がかわいい。

授与式には村田町町長の姿も。この面白くも大変そうなイベントは製作者さんたちが完全ボランティアで行っているというからありがたい話だ。

他の器も展示販売されていたんだけど目を引くものがたくさん。和柄の麻模様もいいし金属のひび割れも上品。

遠目に陶器のように見えて

縞々ガラスだったり。

普段使い用として黒い陶器に虹色の線のお皿が気に入ったんだけど持ち合わせがなかったのとちょっとしたサイズ感の関係でまたの機会に。

間近で聴くチェロの音

今日来た2本のクラシックギターの調整は両方ともとても軽微な物だったんだけど、その2本はこれからどこぞの学校へ寄付するのだそうで、子供たちが初めて触れるギターが少しでも扱いやすいようにと持ち込まれたものだった。その親切、心意気に便乗して調整費用を無料サービス。慈善行為に便乗。よき行いの報いのおこぼれが巡ってきたらいいなというあさましさよ。

その方、最近新たな趣味としてチェロを始めたとかでちょっと聞かせてもらった。擦弦楽器の音もいいもんだねぇ。作業場でホコリをかぶっているうちのチェロもあんな音がするのかなぁ。セロ弾きに見せたら絶対怒られる改造がなされているけど。弓があればな。ちなみにお客さんの真新しい綺麗な弓でうちのチェロも弾いてみてくれとは言えなかった。なにせ弦もあの時のままだし。

梨 JAZZ ねぎ 飴

土曜日、朝は娘と蔵王の梨祭りへ。娘は町長との王様じゃんけんで勝ち上がって見事に梨ゲット。一袋買った直後の出来事。

午後、JAZZフェスへ出かけて栃木から遊びに来てくれていた先輩一家にご挨拶。夕食後enn3rdへ移動、ねぎしナイトvol.29に久しぶりに子連れで参加した。ライブハウスの大音量が怖くないよう、耳を守るイヤーマフ装着。これ、つけてても結構聞こえるんだけど、本人の様子を見るにやっぱりある方がいいみたい。痛くないんだね。

ケン玉で弾くといい音がするっていう発見も。

ハイレベルな演奏の超絶アットホームなイベントはとても居心地が良く楽しいのだが最後までは居られず帰ることに。新曲、生で聴きたかったなぁ。

今朝は5時半からの草刈り。からの七五三の前撮り写真撮影。娘はドレスは選ばず和装のみ。スタッフの子供の写真を撮る連係プレーに感心した。速い。撮影スタジオ内はわかるけど、化粧や着付けしている所も写真はおろかカメラの動画撮影もダメだったのは残念だなぁ。俺、子供の頃、いとこ兄妹の七五三も一緒に行っていたので毎年のように千歳飴があって結構好きだったのだが、娘もあっという間に1本食べきった。15cm程度と半分ほどの長さだったけど。

保護された通信!

ktkrどうよ!なんの知識も無いけど我がサイトも保護されたぞ。

これまではカード決済のページとかせいぜいカートの中身ぐらいで良かった暗号化、そうじゃないページまでブラウザがこのページは危ないみたいな表記がされるようになってきて、色々警告も聞こえるようになって、うちが使っている激安レンタルサーバーまでが無料でSSL化できますなんて言うようになったので、ネットで調べながら頑張っていたのだよ。別にカード情報入力とか無いけど誤解を与えて感じ悪いからさぁ。

htmlを色々いじったんだけど、ヘッドより上の表記とかは以前のままだけどいいのかなぁ?あ、それから残念なことが一つ。サイトのカウンターはどうにも対応していなかったので消すことになってしまった。のべ10万アクセスまで行ったのに。

 

本当は本物が欲しい

よし。かわいい。走ると揺れるの。

昨夜は麻婆茄子にピーマンを入れた。本当はとーばんじゃんとかガツンと入れたいところだけど俺しか食わなくなるので辛いの排除して優しくしたのに子があまり食べなかった。大量消費に脂っこかったり濃いものはいかんっつーことで、ナスはショウガきかせて煮びたし、ピーマンはレンチンしてツナと醤油。大量消費のためにこれ以上のメニューないんじゃないかと自負している。

毎日ナスピーマン

中央アメリカはグアテマラからの客人があったり、昨日の会場の可愛らしいお姉さんがギターを調整に来たり、買い物袋一杯のナスとピーマンを持ってくる人がいたり?!

完全にギャグ。大ウケ、だけどどうすんのよ。1/4近くお客さんに持って行ってもらったけどまだこんなに。ありがとねー写真じゃ伝わんないかなー

2018蔵王マルシェ2日目

マルシェ2日目、雨を嫌ってホテルのロビー開催。tupliは階段脇というか下というか、ステージの袖。他の店舗からちょっと離れて今回も広々。ありがたいなぁ。

午前中は閑古鳥。朝一番に数名、ミニギターを見に来たというおじさまが見えたんだけど、子供っぽいと思ったのか帰ってしまった。暇なので他のお店を見て回る余裕ができて色々話を聞いてみると、みんなとんでもなくすごい人たちなんだと思い知った。いまさら。

こけし工人見習いさんから聞いた。こけし工人って刃物から作るんだって。いや違った。刃物を作るためのフイゴから作るのだそうだ。炭起こして鋼を叩くところからスタートだそうで、鍛冶屋じゃないかと。

古植物学者さんに見せてもらったのは縄文時代の栗やクルミなどの化石。まだ硬化しきっていなかったり。色々知らないことを教えてもらったけれど、一番驚いたのはプレパラートになっている木片、縄文人が使っていた木の器から採取したと。その器は漆器だって言うのだから。縄文土器のイメージしかなかったが既に漆器を使っていたなんて。

もっとも突き抜けていたのはイタリアの伝統技法を使った額縁など。蔵王でチェンバロに絵を描いている人と言えば知っている人もいるかもしれない。金色は木地に漆で柄を描き赤い土などなどを塗り重ねて金箔を貼って装飾しているのだとか。これが本物なんだねぇ。そこら中にあるプラスチック製品もイミテーションもこれが元なんだなと。赤みを帯びて落ち着いてどこか古めかしく輝きも静か。それこそヨーロッパの観光名所になっている宮殿に飾られた額なんかはこういうのなんだべな。額縁の金箔の貼られていない青や緑の石のように見えるのも伝統の塗りの技法なんだって。たぶんどれもバカげているくらい安い。

お昼頃にミニギターのお客がちらほら。今日も親子の共同作業。このミニギターづくり体験、今月の22、23日、蔵王高原クラフトフェアでも出店することになった。さらにホテルの人からも来年の夏休みにホテルでどうだろうとお誘いを受けた。意外と好評みたい。

一刀彫の干支の置物も超絶かわいかったなぁ。連れて帰ってくればよかったかなぁ。ろくろ体験も面白そうだったけど、どうせなら電動ろくろやりたいし、爪伸びてるしなんて、知り合いの子供がやっているのを眺めていた。

子がもう少し大きくなったら器作りに窯へ家族で行こう。

久しぶりのはらからの豆腐はこれで一丁。豆の味が濃くてとろとろ。うますぎて醤油いらない。マツコの番組でも紹介されたらしい。

娘の誕生日にと友人からもらった絵本は以前から気になっていたヤツだ。やっぱりすごい。