落書きのようなインレイ

やっとできた。1週間ほどかかった。このタイプのインレイ自体はもう10年やっているけれど、そうめんロゴ以外で初めて、新たなデザインせずにパターンで選べる選択肢になっていく予感がする。

話全然違うけれど、2番目ってチャレンジャーなのね。カオマンガイだか海南鶏飯だかシンガポールチキンライスだか名前は知らないけれど豆板醤入れた辛いネギダレ食べてたし、水炊きには「かんずり」つけてくれって言うし、1歳8か月でそういうもんなのかな?上の子は5歳でも絶対唐辛子にも胡椒にも手を出さないんだよなぁ。ピリ辛のマーボーとか中辛のカレーとか作れるようにならないかなぁ。

「落書きのようなインレイ」への2件のフィードバック

  1. 以前、ワタシもロゼッタでは無理を言いましたが、お陰様で世界に一つの納得のいくモノが出来ました

    コレも歴史に残りそうな予感がしますよ。何となく眺めずに一周すると、かつて祖先が粘土板に書いた原初的な詩のように見えます

    1. 原初的な詩だなんて、どうもありがとうございます。
      私には糸屑に見えたものですから雲泥の差ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください