跡から再現

すり合わせ等の依頼のギター、ロッドを回したいのでロッドカバーを外そうとするもネジ頭がなめている。ちょっと無理するとヒビだらけだったロッドカバーは粉々になった。古いセルロイドがこんな風に砕けているのを見たことがある。今回ロッドカバーの作り直しも依頼の一つなので安心して外すことに専念する。

ヘッドに残っていた跡を元にしてジリコテで作り直した。白太つき。こうして写真を並べてみるとちょっと形が違うかな・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください