初めての動物園

いい天気。1歳児をようやく動物園へ連れていくことができた。最初カバやキリンの大きさに「えっ?!」と戸惑っている感じはしたけれど受け入れた模様。

しかし動物たちよりも自動販売機が気になる。自販機見るたびにとりあえずいじる。

それから階段。ひとりで登って降りられる階段があると何度も往復して満足気。

お姉ちゃんは会いたいと言っていたカンガルーに会えたし、粘って頼み込んでキリンのぬいぐるみを買ってもらって満足そう。短い時間だったけれど楽しかった。
帰りにちょっと寄ったお店で、もう眠たい1歳児はなぜか防ダニ布団袋を買ってもらえないと癇癪起こしてひっくり返った。

支障なし

朝一番にドラッグストアでサポーターを購入、これが期待以上だった。ある程度手が使えるようになるし安心感がある。イテッとなる頻度が激減することで治りも早そうだ。
お誕生日のケーキを引き取りに行ってから通常運転に。今日はほとんどミシン鋸の前に座っていたので非常に負荷の少ない仕事だったとはいえ、サポーターのおかげで仕事に支障なし。夜に親指が痺れてきたのはさすがに血の巡りが悪くなったか。

手首壊れた

左手首痛めた。あぁまただ。ここね、古傷。中学の頃から。数年に一度、ほんとに些細な拍子で痛めて1~2カ月辛い思いする。ぎっくり腰ならぬぎっくり手首的な。おそらく腱か靭帯だと思うんだけど。
前回は確か2年前、大きなキャベツを持ったら炒めた。痛めた。
今回は特定できていない。左手だけでちょっとした重さの物を持ったとしたら、1歳児か、ストウブ鍋か、タイコ(ギター型枠)。もうね、携帯の重量ですら手の角度によっては耐えられない。その角度もまだ見極められない。ロキソニンテープ貼ったらお腹痛くなったからはがした。テーピング買ってこよう。
今日はブロックの接着を終えた。この作業が怪しい。しかも最後の写真撮ってないっていう。

ツバメとグライダー墜落

裏板の力木修理を一つ。

ブロックの接着。

追っかけてもう一本。今回は両方オーダー品ではないのでやりたいようにやる。

保育所へ迎えに行った際、5歳のお姉ちゃんが鉄棒をやりたいというので前回りを教えようとしたら私のお手本中に真似しようとして鉄棒から落ちた。泣いた。顔から行ったのに怪我がなかったのは体の柔らかさか。それでも前回りの前段階としてツバメのポーズで鉄棒に乗っかることができるようになった。それは彼女にとって嬉しかったらしく落ちた後も何度かツバメになりきっていた。
前回り以外にどんなのがあるのかと問われたので逆上がりとグライダーを紹介しようとしたのだけれど、グライダーの実演で鉄棒に高さが足りず私は尻を地面にしたたかに打った。こりゃ墜落だ。親子で落ちた。尾てい骨辺りがまだ痛い。座っているのが辛い。立ち上がるのも辛い。もっと足を開いて薄くなるべきだったと今にして思うけれど、そもそも昔のイメージ通りに体は動かない。

ちょびっとずつ

アポなしで来たお客さんのエレキギター、フレットが減ってビビるからフレット交換してほしいという依頼について、ロッドなどの調整だけで預からずに解決し、預かっている4本のギターの修理をそれぞれちょびっとずつ手を付けて、

製作は曲げた側板の長さを切っただけ。ちょっと手曲げで修正したけど。どれもこれもちょびっと作業でいま一つ達成感満足感が低いという日。

お医者さんの講演会

今日はある特定疾患についてのお医者さんの講演会に出かけてきた。コロナ対策で窓もドアも開け放たれていてとても寒かった。話は想像以上に学術的専門的かつ猛スピードで資料があっても追いきれないほど、超絶久しぶりにアカデミックサイエンスを味わった。去年先生が去るからと中核病院から刈田病院へ転院させられたのに、「春から中核に私の後輩の優秀な専門医が来てますから」だって。なんなのよ。

お家に帰ったら約束していたお芋掘りを少々。全然期待していなかったけれど大きなお芋が一株から4つずつ。半分枯れたけどこれなら植えた甲斐がある。

相談会@島村楽器仙台ロフト店

今日は島村楽器での相談会。空白の時間もあったけれど有意義な日となって良かった。まぁそうそうオーダーになんてならないのは承知の事。
アコギコーナーに座って眺めているとお客さんの動向がよく見える。今日は、なのか、この店舗の傾向なのか、若いお客さんが多くこれから始める人など初心者向けの物に集まっていた。女性も多い。

厳正な抽選の結果

東北電力の方が先日のおでCafe商品券の当選者を知らせに来てくれた。最終的な応募総数を聞いてびっくり。何十人なんて数字考えてもみなかった。たくさんのご応募ありがとうございました。発表は発送をもってうんぬん。

明日は島村ロフト店へ出張。オーダー相談会ってことにはなっているけれど、当然オーダーしなきゃいけないってわけじゃないし、まだ予約状況には空きもあるみたいなのでtupliに興味のある方は。今日はその準備とじわじわ始めた次のギターのバックセンター。

Half argo(仮)の型枠

Xブレーシングの片側、交差点から奥がずいっとはがれている。胴を外側から押さえる治具のサイズが足りないのでクランプでの接着でやってみる。

Half argo(仮)の型枠が完成した。12mmのベニヤ(白っぽい)がやたらとふわふわした材で軽かったので出来た型枠もこれまでになく軽い。左半分は現行のvesseを流用する。

年代物P.U.

ピックアップを外してほしいと、でもサイドに直接ついたボリューム、トーンのノブはダミーで残してほしいという依頼。思った以上にバラバラに分解する必要があった。