橙と山吹

先日衝動買いしたハンバートハンバートの「FOLK2」、これまで彼らを知らなかったんだけど素朴できれいで、俺好きみたいだ。このアルバムの選曲がまた興味深い。誰か、大切な人を亡くしたのかなぁ。最後の「おなじ話」、最初聞いた時は切ない別れの歌かと思った。でも、片方がもう亡くなっているとしたら・・・全て合点がいった。加川良の「教訓1」も含めて、このお盆の季節、終戦の日あたりにこのアルバムが妙にはまっている。

注文していたヒモが届いたので内職のような仕事をちまちましていた。糸専門店から届いた物はばっちりでかなりの量。注文した時の気まぐれによって今回はこの元気カラーなのだが、この色が当分続くことになる。何年分あるかな、今後木札はこの色だと思ってもらっていい。これまでの深緑や紫や朱やえんじ色はレアキャラになっていくのでご了解を。

「橙と山吹」への2件のフィードバック

  1. いいコンビネーションですね
    元気とは無縁な私ですが
    幸運が向かってくるような気がします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください