時が経って今やる

このギターはちょっと久しぶり。満身創痍のヤマハ、まだ修理終わっていなかったのです。今度はバインディング剥がれを。ネックの所まではがして切断する。これまた、はがれてから年月が経って変形して固まっている。

こちらのギターはトップの変形が気になると持ち込まれたもの。トップが膨らんだ、とかは基本的にうちではやらないんだけれど、はがれが原因の場合、そこに関しては対処する。このギターに関しては以前にブリッジ剥がれやトップブレース浮きの修理がまずまずちゃんと直されていて、おそらくその時すでに変形していたんだと思う。ブリッジプレートの浮きもその時すでになんじゃないのかなぁ?

しかし、ボルト3本、ブリッジの補強なんだろうけれど、ブリッジ表面にボルトの形跡が見られないのでどんな構造になっているんだろう?トップの変形はその昔、ブリッジがはがれているのにこのボルトがついていたせいで変形したと想像する。変形は直らないがプレートの浮きはくっつけておきたい。

それから、今作っている古い指板のフレット打ち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください