三代目が立った

最高の天気。この時季、蔵王の山が雲に隠れずすっきり見えることは稀である。ブログトップ用の写真を撮りに行ってから作業開始。塗装作業を。

どちらが合間の作業かわからない。よく晴れたので屋外作業。ぼろぼろの看板を撤去。

枠は再利用、幅を変更し土に埋まっていたところは交換。ちょっと背を高くする。

ビスでどんどん留めていく。てっぺんのギターは当初裏側からひょっこり出るように留めるつもりだったんだけれど、面倒になって表から貼った。

設置。一人で立てるのギリギリでふらふらだった。結構重いの。

そして日が落ちるのを待って簡易なソーラーライトを取り付けてみた。足が短くて全体が照らしきれない。三代目看板の完成なり。

「三代目が立った」への4件のフィードバック

  1. 前のもそうですが、手作り感が出ていて本当に素晴らしいですね!お嬢様達がもう少し大きくなったら手伝ってくれるのではないでしょうか?

    1. ありがとうございます。前回のはやっつけ仕事感が強かったですから・・・。あー、ペンキ塗りくらいなら手伝ってもらってもいいかもしれませんね。

  2. コンター加工部分の素材は、バインディングに寄せるのか、サイド材に寄せるのかで、印象がガラッと変わりますね。
    バインディングに寄せる製作家の方が、殆どのようですが、どちらを選ぶ選択肢は、オーナーの好みに委ねられる項目でしょうね。
    音色に影響を及ぼすという観点では、全く考えておりませんが

    1. サイドに合わせる?!全く考えもしませんでした。バインディングが二股になるのでしょうか?どう掘ってどう埋めたらいいかな?ややこしいことになりますね。手順がほぼ倍になりそうです。私は断るかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください