修理の塗装とヘッド折れ

製作は次の作業の準備程度。サイド割れギターのラッカーをはねのけていた部分は模型用の一液性クリア塗料で塗装できたが、ラッカーを重ねても境界線はやっぱり見えてしまう。どのくらい薄くなるかなぁ・・・。

ギブソンのアーチトップもヘッド折れで入院。知らないうちに折れていたんだと。怖いねぇ、ココ、弱いんだねぇ。すんなりきれいにくっついてくれれば補強とかは要らないはず。塗装も最小限で済むといいな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください