#077argo

こちらのギター、無事、ギタリストの南澤大介さんの手元に届いた模様。活躍してくれるといいなぁ。お客さんと南澤さんのおかげでtupliはスルータイプのブリッジも合うってことが分かった。予想通り心もち柔らかくなって、くびれたボディとの相性がいいみたい。艶消しもいい感じ。

昨日と今日はインレイ作業。グリーンアバロンの中でもパウアと呼ばれる最も青みの強い最高級貝なり。

「#077argo」への4件のフィードバック

  1. 南澤さんのブログで一足先に発表されてたので、そろそろかと待ってました
    エボニーの艶消しヘッドがプロっぽい味わいですね
    活躍をお祈りいたします

    ところでパウアっていいですね
    次回作にぜひ使いたいもの

    1. チェックしてますねぇ。写真の整理等々ちょっと遅れてしまいました。
      パウア、小さい材しかありませんし、少々お高いですよ。黒い模様が予期できない形で入るのであんまり小さいデザインでも使えませんしなかなか扱いづらさもあります。

  2. 最近アコギマガジンがつまらないと思ったら、アコギブックでJAZZ特集
    衝動買いしたら、載ってましたね、南澤さんの記事のとこに
    もちろん南部さんとtupliの名前も
    今回はロゼッタの一部が見えてるだけなのが残念
    次回はデカデカ載ることを期待しています

    1. そうなんですね!知りませんでした。情報ありがとうございます。ロゼッタの一部でも十分、南澤さんありがたいですなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA