コロナの芯

つまみが固くて回りにくい。なかなか火が付かない。ススがついちゃったんかなと思う。そんなわけで初めての芯交換。田舎の小さなホームセンターにも替え芯が売っているくらいなのでみんな当たり前にやっているに違いない。

替え芯に完璧に丁寧な説明書がついていたので先人のブログや動画なんて検索する必要ないわ。

ただね、説明書にも書かれていたけれど、説明書開いた時に初めて知っても困る人も多いだろうこととして、この芯動かす機構の円盤をタンクから外すための蝶ナットがべらぼうに固いのでプライヤーがあった方がいいよって事はお知らせしておく。俺のよりももっと小さい方が使いやすいかも。1か所狭いから。

で、芯交換完了したら、超すっきり回って一瞬で火がついて熱くなって、新品ストーブになったような快適さ。開けたことで中に積もった木くずの掃除もできたし、それも良かったんだろうな。

昨日の続き作業をしていたら、よりによってメインの脚が・・・

快適ストーブに熱せられたせいなのか、以前からで気づいていなかったのか、

割れとるがな!

端っこだけとか別部品なら気にしないけど、明らかに安全性に関わるので1本材料買ってくるところからやり直し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください