両面テープがいい

これなんかは表板が割れる前にはがれてくれたようで良かった方だね。古くなったピックガードは縮んでくるので直貼りだと表板に直接影響を及ぼす。特に昔のセルロイドは。貼りなおしたけどすぐまたはがれたと持ち込まれたもの、たとえオリジナルのピックガードが木に直接接着されていたとしても、貼りなおすときは塗装面に両面テープで貼った方がいい。

貼り直しの接着剤に使われたのはニカワかなぁ。できる範囲で落とす。

その昔に一回り大きなピックガードに替えられているみたいだ。
まぁそんなことはどうでもよくて、両面テープを貼るためだけの、テープから木を保護するためだけの塗装をする。ラッカーだと大変なのでセラックで。もうちょっと重ねはするけど今日はこのへんまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください