町のサイトに

昨夜は子と一緒に寝てしまった。

昨日は取材があった。ギターの、ではなく、移住者の。町でホームページに移住促進の頁を作るとかで、移住してきた者の一人として紹介されるそうだ。私自身、この町のここが好きで越してきたとかではなく、偶然見つけた物件が良かったというだけなのだが、それでもじゃあこれから別の場所に引っ越そうかと考えるかと言えば全くないわけで、きっと町にも良さがあるからなのだと思うが、明確にココと端的に表せずにいるせいでインタビューもグズグズだった。町に移り住んでこようかと検討している人に何か役に立てたかはわからない。サイトの公開は年明けの予定だそうだ。グズグズだったので小さな記事になるとか写真が増えるとか・・・?笑

仕事風景の写真ということでやった作業はネックの荒加工とライニングの余分を落とすカンナがけ。

 

秋植え

ガットギターのブリッジ作らなきゃと思いつつ、サイド板にカンナかけて、ライニング材に切り込み入れて接着ってのを優先した。こんな調子だとブリッジは箱の後かな。

昨夕にお隣さんが、すっかり雑草で荒れたうちの畑を一度機械で耕してくれた。頼んだわけでもないのにやってくれるので本当にありがたい。例年は稲刈りが終わってからぐらいなのだが、今年は早い。だからだろうか、別のご近所が「余った苗けっから植えてみらいん。捨てんのもいだましいからっしゃ。」と白菜とキャベツの苗を分けてくれた。今日渡すから今日植えるようにというので急きょ畑仕事も。秋植え野菜、他にも少しやってみようかなぁ・・・。画像左上のシソがすごい勢いなんだけど、シソの実を収穫するタイミングがまるでつかめない。今なのか?!

#076argo

本当にお待たせしてしまった。もう何ヶ月かかったのかすぐに思い出せないほど。まだちゃんと弾いてみてもいないんだけど、ジャーマンの温かみを感じる。糸巻きも支給品なんだけど、こんなのあったっけ?ノブ、オーナーさん自分でカド落としたのかなぁ?きれいに丸くなっていて、これ、いい。

こちらのギターはロゴに合わせて糸巻きもシルバー。弦、ミディアムゲージも使うんだった。完全に失念、在庫ないわぁ。ひとまずライトゲージで調整しておくけど買ってこないと。

柿の葉寿司

昨日今日と新潟から娘のじいじばあばとおじさんが来てくれていた。手作りの柿の葉寿司を持って。これ、自宅で作れるなんてすごい。ちょっとしたカルチャーショックを覚えた。うちにも柿の木があるなぁ・・・。

保育所の運動会

娘の運動会。昨年は友人たちとキャンプへ行って不参加だったので今年初めて。先生たちの準備のすごさと周囲の気合いに、本当にふらっと立ち寄ったみたいな我々は圧倒された。子どもは白シャツに黒か紺のズボンという指定があって、今日から寒くなると聞いていたので長袖を着せていったのだが、午前中日差しは暑かった。午後は大きい子たちだけなのでお昼には解散。なぜ娘のシャツが緑になっているのかと思ったら、もらったメダルのヒモ、濡れると色移りがひどい。白シャツが・・・。

小学生が大学生

実家に帰省した大学生が親戚からもらったギターの調整をしてほしいと持ってきた。なんと小学生の時に俺が講演したのを聞いたという。恐ろしい事実。工房立ち上げ間もないころに小学生だった子が今大学生なのか。俺も老けたはずだわ。気を付けないと、ヒトはあっという間に大人になるんだなぁ・・・。時が加速してるなぁ。

ちょっと嬉しくなったので弦の交換もまけておくことにするよ。学割ってことで。

こちらのギターはあと一息。

 

 

遅れ傾向

サイド割れ修理の塗装に手こずっている。なぜかどうにも一部でラッカーを受け付けない。それでもどうにか塗膜がのってトップコートを重ねればある程度になるかと思って今日吹いたのだが、むしろ良くない。気に入らない。波打って浮くなんて経験がない。思い切ってその部分の塗装を剥がした。別のアプローチからやりなおしてみる。最初に告げた納期、守れないかもしれない。

製作の方はブリッジの接着。二つは弦間隔も微妙に違う。画像はオイルを塗ったばかりの状態。

接着面の塗装をはがしてクランプで圧着。

それから、サイドのブロック接着も。こちらもペースとしてやや遅い。もう以前のようなペースでの製作は難しいのかもしれない・・・。

サドルひろめ

サドルの幅がちょっと広めになった。トリマーのガイドがセンターずれしているから、この手の事にはずっと困っている。まぁでもサドルの幅に関してはこのぐらいの方がかえって手工ギターっぽくていいかもしれない。もっと広く取る人もいるから。

ブリッジ全体のアールを付けたところまで。ガットギターのブリッジは完全に手つかず。後回しにしちゃおうか。午前、大家さんにチェックしてもらいアパートを引き払う手続きをした。音はやたら響くけど周りにも小さい子が多かったし、ガス代が高いことを除けば広くて安くてきれいでとてもいいお部屋だった。大家さんも優しい人だったし恵まれていた。もう夜にどたどたと床を踏み鳴らしてもとがめる必要が無いことにまだ慣れない。

駒位置

今日はフレット処理の続き。それが終わってようやくブリッジの位置と適正な厚みをわり出す。

で、ブリッジの切り出し。今回は全部違うんだなぁ。駒づくりも時間かかりそう。

ええっと、冷凍の枝豆って茹でてあるから凍ったまんまでも食べられるんね。2歳児がうんと証明してくれた。

ジャズフェスの週末、今年は街中へは行けなかった。アパートの掃除と家の前の芝貼り、作業場側に置いた荷物の運び込みはほとんどできなかったけど、早朝からの地域の草刈りと生活用品の買い物なんかであっという間に終わってしまった。来週はアパートを引き払う手続きなどで数日奪われるかもしれない。道路向かいでは柿の木畑を更地にして酪農の飼料畑に貸し出す準備とやらで一日中モクモクやっていて、作業場もろともすっかり燻されながら芝を並べた。目算で足りなめと思った量も割と悪くない。根付くまで車の乗り入れを禁止しようと思う。

ギター工房tupli でのギター製作と日常を綴ります。