ボロ屋ゆえに窓枠がサンから外れないので、その場で作業。
北風びゅーびゅー吹き込むので2秒で指の感覚が麻痺します。
板じゃ暗くなるし、ガラスは割れるし、アクリルは高いし
ってことでプラダン。プラスチックダンボール。
ちょっとあったかそう。
北側全部コレでもいいなぁ
せめて塩ビの方がいいかなぁ

仙台いちご

近所のイチゴ農家のおんちゃんがおすそ分けしてくれました。
宮城のブランドいちご『仙台いちご』
「今取ったばりだかんね」
「とつぃぢけんのより高いんだど」
すんっごいでっかい!!
しっかり甘い。
ちょうど子供達が来ていたので、1パックはあっという間に売り切れです。

バウムクーヘンギターは予告通り箱になりました。

棟上げ?

朝から粉雪が降っているけど、湿度は40%台をキープ。
雨じゃこうはいかないよね?
乾燥しているようなので、朝からブレースの接着。

半日置いて、もう削っちゃいます。

やっぱり箱になった時、ちょっと一段落って気になるし
屋根ってトップかバックかどっちかだろうから、ソコが棟上げなんだと思う。
明日だ。

ワレワレハウチュウジンダ

蔵王町文化会館の館長さんと担当の方が、うちに来ました。
去年6月に我が家でやったライブの写真を見るために。

どうやら蔵王町のホールに宇宙人や変な太鼓使いを召喚することを検討しているみたいです。
学校でのライブも考えているみたい。
宇宙人何人も集まったらおもしろいなぁ。
子供たちびっくりするぞ。
宇宙人ビッキーの他に宇宙人おーちゃんも紹介しておきました。

ガッチャ~ン

曲者じゃ!!であえ!であえ!

天気予報士さんの言った通り、西風の強い日で、おそらく風で窓ガラスが割れました。
防風林の役立たず!!
夜の雨と朝の生ぬるい風でむわ~んとした空気だったのに見る見る湿度が下がって
色々バタバタしているうちにトップ板はおろか、昨日準備した甲付けも一つタイミングを逸してしまいました。
思うように作業が進まないというのはなかなかストレスであります。

サイド上等!

ギターの場合、力木をつけたら 棟上げ じゃないか、という意見があるのだけれど
作っている当人に全くそういう意識はない。
確かに、骨とか小骨とか言ったりもするにはする・・・
裏力木の接着とサイド甲付け準備。

明日から天候が崩れるというから、トップ板は出来るかどうか・・・
湿度と相談。

リフレッシュ

先日のバームクーヘン的ホールロゼッタのギターのヘッドが概ね形になりました。
お客さんのオリジナル。
ペグがまだ入手できていないため、インチの寸法表を頼りに作ったので、早く確認したいっす。

それから、カンナをリフレッシュ。
4つのカンナ台を修正して、刃を研ぎました。
カンナは刃の研ぎよりも、台の作り方で切れ味が決まります。
買ってきたカンナがそのままでは使い物にならないのはそのためです。
持っているカンナをちょっと並べてみたりして。
大きいの、ホントは買い換えたいんだけど、高いので我慢です。
赤いのが赤樫のカンナ。九州行くと手に入りますが、数は減ってるみたい。

初冬、寒いさなかにお隣からもらって植えた豆。
たしかエンドウだったと思うのですが、
気づいたら芽が出ていました。

こんな形で春を感じるのは初めてのことです。

ぼ~

ギターの弦を買いに、片道1時間のドライブ。
なんて高い弦なのでしょう。
平日の昼間に無精髭の男が、ぼ~っとギター眺めてたら、確実に店員が寄ってきます。
「いや、別に」って言っても、ギターを試奏させてくれました。
日本国内産、売価25万円のローズウッド・シトカスプルース単板。
ローズのギターでもこんなに丸い音がするものなのか・・・
たまにこうして素性を隠して他のギターを弾いたり、店員さんに色々教えてもらうのは
いい勉強であり刺激になります。
写真はライニングの製作中。

ミシンノコに掃除機をセットしています。
一つ一つ切れ目を入れるのが大変そうって思うかも知れませんが
大して失敗も気にならないこのルーチンワークは小一時間なら嫌いじゃないです。
頭の中からっぽで、ぼ~っと出来る貴重な仕事なんです。
今日はたしか、明日のオーストラリア戦を考えていたような・・・
因縁の相手。前回W杯の試合前、当時のオーストラリア代表ヒディンク監督(2002日韓W杯時韓国代表監督)は
「オーストラリアが日本に勝ったら、それは韓国のための勝利でもある」
と、全く意味不明の発言をし、なんとも思っていなかった韓国代表にまで敵対心を抱いたことや
結局終了間際に屈辱的に大敗を喫したことなんかを思い出していました。
次回からはもっと有意義で建設的な・・・例えば晩御飯のおかずなんかを考えることにします。

アクロバチック

ひどい風の一日でした。
真っ青に晴れているのに、横殴りの雪が降っていたのは
山に降った雪が飛ばされてきているのでしょう。
作業場は時折強烈に吹き込む隙間風で高いところに積もったホコリが降りました。
室内なのに枯葉が降ってきたのは、どういうことなんでしょう?
今日は塗装中のギターの研磨と
メイプルクラシックのブロック作り。

これはその接着風景。
結構アクロバティックなクランピングをしているんですが・・・解りづらいか。
あっ、塗装するの忘れてた。

ギター工房tupli でのギター製作と日常を綴ります。