床柱

クラシックギターの打痕修理が2台。ともにブリッジの後ろ。
トップの打痕は消えない。手をかけてかえって目立つ可能性だってある。最も目立たなくする方法はもっと傷だらけになることだ。木を隠すなら森の中。まぁ平らにするためにやれるだけやってみるけど。深い傷には木の繊維を埋めてからタッチアップしてみる。この手の傷が気になる人はブリッジの後ろにゴルペ板でも貼っておけばいいのかもしれないな。でもまずは1,2弦は2回巻き付けよう。

それから面白い依頼。古い床柱が送られてきた。エボニーだって。この材を使ってエフェクターか何かのウッドパネルを作るというもの。うちの日曜大工機材で本当にギリギリの寸法だった。あと5mm大きかったらもっと難儀しただろう。

いわゆる縞黒檀ってやつみたい。こんな大きくて硬い材をそのままスライスできる帯鋸がないので考えた。ハンド丸鋸で両側からできるだけ深く切り込みを入れてから帯鋸でって作戦。

最後にプレーナーかけてなんとか製材に成功した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください