挟む派がマジョリティ?

ナットとサドルの交換依頼。このサドル、長いよ。通常の材料では足りなくてロングサドル用にちょっとだけ持っている材を出してきた。なんかさ、思いっきり特別なものでもないのならさ、数ミリの差なんだけどさ、一般的な規格に合わせておこうよって思っちゃった。

弦の巻き方っていくつかあって、ガットギターなんてそれこそ我流みたいのたくさんあるけど、鉄弦で最近とっても多いのは一回上側通すことで挟み込むって巻き方。やたら増えた気がするんだが、何の影響?俺は基本的にただ全部下に巻いていくのが好きなんだけれど、このペグの時ばかりは挟むよね。挟む巻き方ってそもそもこのペグの時代の名残なんだと思っている。違う?横穴のポストならあんまり意味ないって感じてる。巻くスペースが足りないときなんかは上側通すのもいいんだけどさ。まぁ好みの問題でどっちでもいいかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください