側剥がれ、表カラー

今週はようやく運動会も開催出来てほっとしている。

仕事は表のちょっとした割れとか力木剥がれの修理ばっかり。今年は表が割れる年だったのかな?そんな中珍しいのが一つ。
バインディングがはがれた辺り裏板も浮いているんだけど、問題は側板のボディエンドで隙間があいていること。

なんでこんなことになるかって、側板がブロックから剥がれているのだ。押すとふかふかする。これは厳しい。クランプできないし。元通りにしようと思ったら裏板を全部引っぺがす必要があるんだけど、そこまでは求められていない。だからこのまま固定する。固定するにもガットギターだから中から直接届かないので手で押さえておくこともままならない。ヘラで瞬間接着剤の木工用を突っ込んでなんとなく押さえて硬化剤で固める。バインディングなんて接着剤でガビガビになったわ。途中経過は汚くてお見せ出来ん。最終的に割とそのまま固めることに成功した。サイド剥がれってのが最も困る不具合の一つだわ。

ネック折れギターの修理も完了した。

今日は表板のカラーを吹きつけ。中央の黄色は小さくっていうオーダー。以前使ったカラーを残してあったので割とサクサク進んだ。ゼロから作ると難しいし失敗するからぁ。この色もう一回分くらいあるかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください