ネックがネック

以前ここに書いた古いネックを再利用するという話、いよいよスタートする。難解なオーダーだ。最難関はおそらくジョイント。だけどひとまずボディは普通に作れる。材料が持ち込みの高級品なので要注意。キューバンカーリーマホだって。プレーナーかけられなそうなので思いっきり時間かけてサンダーで厚みを落とした。

「ネックがネック」への2件のフィードバック

  1. このネックでオリジナルギターが出来るなんて本当にありがたい事です、南部さんの丁寧な仕事も写真を拝見させて頂いて安心しています、私の定年の素晴らしいプレゼントになってくれると思います今後ともよろしくお願いいたします、もしできましたら私のギターの制作過程の写真を私のブログに載せても宜しいでしょうかよろしくご検討ください

    1. この度はどうもありがとうございます。
      写真、ブログに使っていただいて結構です。一応写真の著作権は放棄しないつもりですので、その点だけご留意いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください