良いものなのに消えてゆく

フランネルよ、おまえもか。

バフ布としてだったり、うちでギターとケースを買ってくれた人にサービスでつけているギタークロスとしてだったりに使っているフランネル生地、残り少なくなったのでしばらく前から探している。
行動範囲内の手芸店に同じような商品の取り扱いが無いので、持っているものと同じSHOWAという会社に問い合わせたところ、デニム生地の会社だった。ショーワ違い。俺の間違いなのになんとも温かい返信に助けられた。すみません、ありがとうございます。
で、目的の企業サイトが見つけられなかったのでネットの手芸店に問い合わせてみた。すぐに電話がかかってきて、話によるとどうやら同じものは廃盤になっているみたい。他社の物で同じくらい厚手のネルがないか今探してくれているが話しぶりから難しそうだ。

これまでの10年余りでお気に入りの廃盤がこうも続くものか。日立のトリマー、ひよこ電球、コンパウンド、糸鋸刃、マシンソーの刃など。そしてネル生地。今後サービスギタークロスは薄手のものに代わる可能性がある。今あるものがそんなに貴重な分厚さだったとは知らなかったよ。
M6(トリマー)は中古で予備を1台仕入れてベアリングを交換したのでこのまま突っ切りたい。ひよこ電球とマシンソーはどうにもならん。それ以外は今後代替品を見つけたいしきっと何とかなるはず。

今日は水研。なんだかとっても時間かかっている気がするなぁ。今日終わらなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください