接着しないで

塗装したものにブッシュやネジを埋め込む場合、角は面取りして塗装を切っておかないと塗装面に影響が出る。当たり前だと思っていたことが当たり前じゃないらしい。大きめの穴を開けて接着剤で固定するというメーカーが増えているのだろうか。ブッシュが浮いたなどの苦情を避けたいのはわからないではないけれどペグは交換するものだという考えはないらしい。先日ブッシュが全く動かなくてペグ交換を断念したことがあったのだけれど、今回ブッシュを外したらポリ塗装も一緒にバリッと浮いた。こういう作りをしていたら当然なんだけど俺が悪いようで気分が落ちる。同じタイプのペグに交換するのにネジ穴も埋めて開けなおす必要があって、面取りしたのに塗装が厚くて切れない。ネジが塗装に当たればバリッとなることもある。1か所塗装が割れた。気分が落ちる。

ペグ交換のちピックガード交換。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください