古い色

時にはろくに片づけないことが良い方に働くこともある。カラーを吹いた時の紙コップがブースにまだあったので、底に薄く固まった塗料をシンナーで溶かしてロッドカバーに吹き付けた。木目が完全に消えないように薄目ではあるけれど、色のトーンは完全に一致した。

ヘッド折れギターももうカラー吹いちゃう。こちらも昔作った色。これはたっぷりあってちょっと黒足したりして微調整しながら使っている。前の塗装をはがしていないので、吹き付けると前の塗料が膨れて段差は顕著になる。もう少し滑らかになるようにこの後の塗装で何とかしたい。

それから届いた修理品に着手。表割れ。結構盛り上がってしまっていて、この凸は直りきらない。一回でできる分埋め木して今日は終了。見た目気にしないからタッチアップもいらないって言うんだけれど。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください