雌雄モザイク

雌雄モザイクというらしい。昆虫や甲殻類では左右でオスメスなんてことが稀に起こるらしく、左右非対称ギターのモチーフにと依頼され、ついに埋め込んで研磨するところまで終わった。ピックガード材としている塩ビ板、一番最後でいいのにね。研磨で一皮むけたらグリーンアバロンの青が期待ほど出なかった場所がある他はかなりうまくできたと思っているよ。右のメス側の外に向かって明るくなるグラデーションとか、貝の色の切り替わり部分をぜいたくに使った甲斐があったんじゃないかな。

それからサウンドホール周りにはスポルテッド栃を埋め込み。これも研磨して塗装したらまた少し見え方が変わるはず。杢が出てたから。

昨日は雨の中、村の「掘り上げ」と呼ばれる農業用水路掃除があった。コロナの緊急事態宣言が発動され、田舎の小さな町はかなりピリピリしているみたいで、町の公民館や図書館も閉鎖され、公園の遊具も使用禁止となり、各種イベントはもちろん屋外での町内一斉ゴミ拾いさえ中止になったけれど、この掘り上げだけは中止にできないんだろうな。

畑と田んぼの季節を前に直ちにこの落ち葉と泥を全部取り除いてスムーズに水が流れないといけないわけで、しかもこの状態のがいたるところにあってそれはそれは重労働なので仕方ないし、ほとんどソーシャルディスタンスは守られているというか、俺がここを掃除しているときに視界に誰一人いなかったからね。

さすがに例年の掘り上げ後の飲み会は中止になったさ。あ、おんちゃん、カッパのズボンw

「雌雄モザイク」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください