動かぬブッシュ

ペグ交換しようとしたらブッシュが外れないのでお願いしたい、という依頼を受けて、お安い御用と思いちゃっちゃと済ませてしまおうと思ったら一筋縄ではいかなかった話。
確かにブッシュが硬くて、エイって力入れてブッシュが浮くと一緒になって塗装も浮いてくる。ヘッドに突き板も貼られていないので塗装の下の木もめくれてきたりする。慎重に慎重に外しても失われた分がゼロではなかった。
最初接着されている、って思ったけれど、接着剤は使っていないかもしれない。塗料で、たっぷりの塗料が乾く前にブッシュを埋めて塗料で固着させている。ほぼ間違いなく分かっていてやっている。
ヘッドトップが艶消しなので研磨すると研磨したのがどうしたってわかる。全面研磨したらわかりにくくなるけれど、ロゴが貼られているだけなので研磨すると消えてしまう。
写真は交換後。これで勘弁してもらえるだろうか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください