材を大事に

土間の氷筍は17cmまでで折れた。さて今日はヘッドプレート。今回は両方ともセンターはぎ。貴重な材料を有効活用する。ややケチくさい手法かもしれないけれど、それでも意匠としてあえてだと言っても差し支えないようなものになっているはず。

ケチくさすぎるわけじゃないけどなんか臭いと思ったら何かが溶けていた。心当たりがない。原形がない。ビニールとかかなぁ・・・?いったい何を失ったのかとても気になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください