ロングサドルにピエゾ

昨日は棚卸からスタート。マジメか。
ピックアップはナローとワイドと2つ注文していたのだけれどナローだけ届いた。ワイドは海外から取り寄せだから遅くなるだって。先に表示しといてくれよ。個人的に海外から買った方が速かっただろーな。モデルチェンジしたようでプリアンプ部分が平たくなって締めこみやすくなったように感じる。でもいまだにダブルナットにはしてくれていない。
そんなわけで今日はこちらのギターへの取り付けから。ロングサドルってのが厄介ね。接着されているし。

接着されたサドルを取り除く。中央を切ってペンチでつまめばパチンと外れるのだけれど切るのがなかなか根気の作業。

ロングサドルにピエゾ仕込む場合、しばしばサドルを掘り込んでいるギターを見るのだけれど、ロングサドルって溝が浅いから、サドルがほそ~くなっちゃって折れたりゆがんだり、弦高調整しづらいし、サドル交換もしんどいし、どっかに調整頼んだ時に毎回良い精度で仕上がってくる可能性下がるし、自分のところにそういう調整来ても嫌だし、良いことないと思うのよね、ブリッジがとても薄い場合以外は。そういうわけでブリッジ側を掘り込んでピエゾを落とし込むのだ。
あ~神経使った・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください