ボディコンター

エルボーコンターとか言うのかな?仕上がった。うむ。個人製作家っぽい。ジョイント前のボディは完成。

ほったらかしていたネックを進める。まずヘッド裏を厚みを合わせながら整える。ペグ穴あける。ロッドの溝をトリマー加工する。今日はここまで。

今日、3ヶ月に一度の通院の日。雪の中出かけてきた。話によると公立刈田病院の民営化するのしないの問題で看護師はすでに減っていて先生たちも戦々恐々疑心暗鬼になっていると。来年度の職があるか分からないと言い、次の次の通院はどうなっているか約束できないって。看護師減ったせいですでにギリギリで内視鏡検査とかできなくなるかもだって。そうなったら刈田病院みたいな大きな病院の意味ないよねぇ。また転院するのか、どうなるのか・・・。

「ボディコンター」への2件のフィードバック

  1. コンタード加工は、見るからに難しそうで木工技術が高くないと作れないのではと思いますね。
    このコンター部に小さなセカンドサウンドホール(この呼び方が正しいのか分かりませんが)を数個開けていたスティール弦ギターを見たことがあります。
    ただ、それが的を得たアイディアなのかは、分かりません。

    1. コンターにホールですか?!それはさらにいくつか工夫が必要でしょうね。難しいです。すごいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください