何もなければ半年後

冬に引き上げてきた時にはビタビタだった弦高も半年工房に置いておくと1mm以上あがっていた。下げずにそのままご返却。暖炉の前でまた弦高が下がることは目に見えているので。例年より遅れて今日ようやく温泉宿に持って行った。何事も無ければ12月になるころにまた引き上げてくる。今日対応してくれた若い従業員さん、なかなかの塩対応だったけれどもうあんまり歓迎されていないのかしら・・・。

やっと研磨した。梅雨とは思えない気候のうちに塗装進めておかなきゃなのにね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください