順反りガット

裏力木3本両端計6ヵ所の接着が終わったので次は順反りの修理。熱をかけてみたけれど予想通りそんなに直らないので反り修理のためのフレット交換を。

もともとのフレットが細めだったおかげで期待通りの結果になった。

「順反りガット」への3件のフィードバック

  1. 古いガットがとても好きです。超自作的な修理ですが、家庭アイロンで加湿加熱しアルミパイプクランプで逆反り気味に調整。ところがクランプ外すとまた順反りというのがよくあり、悩みます。ネックを抜かなきゃんらんか?と悩みます。
    そうか、フレットをやや太めのものに打ち換えるという技ですね。

    1. 家庭のアイロンでは全体に熱をかけたり熱をかけながら締め込んだりできないのでやりにくいでしょうね。おっしゃる通り太めのフレットに替えました。フレットそのものではなく足の太さが重要ですね。

  2. tupli様 ご返信ありがとうございます。なるほど、フレットの足の太さが大事なのですね。それで少しずつ広げながら指板全体をやや逆反り気味に持って行くと。凄いですね。ギターは本当に奥深いですね。いつもtupliさんの記事はとても参考になって、励みになっています。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください