粉練って塗って削る

目止め。

リフィニッシュのギターも。

この最初の目止めを研磨するのがギターづくりの中でも憂鬱な作業の上位に位置する。なにせ粉っぽくって自分も作業場もひどく汚れる。終えてしまえば晴れやか。

セラックの修理も終了。重ねた部分の境界が光の加減で見えてしまうのはいたしかたなしか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください