JSF29th&ねぎナイ31th

妻子はお留守番。今年は私一人でJazzFesを楽しんできた。まずは11年前から見ているSwingBird。久しぶりだったけどうんまいなぁ。さらにレベルアップしてるんじゃないかなぁ。

そのまま同じ場所でお決まりのB.mumps、ニヤニヤが止まらない。本人たちもジャンルは「ブルース」って書いてあるけど「演芸」ですからって。それからアーケードの知り合いをチラ見しつつ急いで駅まで移動。今年も栃木から遊びに来ているという大学寮の先輩と合流してタッチーさんのところへ。いい場所もらってる。さすがのクオリティ。あ、ギターの塗装はげてきてるのね。

先輩とブルースの方まで行こうとプラプラ歩いてアカペラのボヘミアンラプソディ聴いたり、スカっぽいところまで行って勾当台までたどり着けずにお時間来て解散。あたしはラーメン食ってから友人主催イベントねぎしナイトへ。
最近は圧倒的な歌唱力の「真夜中ギター」と技巧派ギターと影のある色気を放つ歌の「音昏(ねくら)」がお気に入り。グッバイボーイズは近年で最高のパフォーマンスだったんじゃないかな。感動しちゃった。

打ち上げにも混ぜてもらって、例によって車中泊。JazzFes二日目は朝からむちゃくちゃ暑い。勾当台公園滝前へ移動。寿コーポ407を最前列で。背中で目玉焼きが作れたと思う。ブルース超絶かっこいい、ハープがたまらない。お客さんも踊り出したよ。

しばらくここにいる選択肢もあって、この場所もレベルの高い演奏ばっかりなのはわかっているけど、暑さに負けて三越へ避難。休憩の後、元鍛冶町公園へ。今日もB.mumpsのお時間を堪能。もはやプロだよ。お客さんを惹き込む演奏と面白さは一級品。場所も音響も最高でここに居られて良かった。

最後はバシくんに会いに。カメラマンを撮影するなんてお恥ずかしい。

見たかったけど時間がかぶって行けなかった人、出ているはずなのにグループ名が分からず見つけられなかった人、たくさんいるのよね。残念。こんなにギター弾きがたくさんいて、みんな上手で、ギター工房もまだまだだと思った。夕方から夜にも見どころはたくさんあったんだけど、くたびれて帰りました。
そうそう、新しい洗濯機、届いてた。幅ギリギリだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください