予想外の難敵?

曲げたバインディングがあっさり折れた。今日の予定が狂った。

新たな材で曲げ直しをして、次の修理に取りかかる。不可思議なトップの膨らみは力木がはがれているせいかな。ブリッジが浮いている。

ブリッジをはがしてみると、なんだこりゃ?っていうダボが4つ・・・。大きい2つはデフォルトで開いていた位置決めだとしたら小さい2つは何だろう?過去に修理歴があるね。埋め木もしているみたい。

中からよくよく見てみると、力木がはがれている部分、ダボが突き出している。ダボのせいで力木が浮いているのだとしたら厄介かもしれない。ブリッジプレートも補強がなされているけれど、この補強の境目で折れたように膨らんでいる。 おそらくオリジナルのブリッジプレートが浮いているせいだ。 メイプルのブリッジプレート(たぶんオリジナル)の上にローズが貼られていて、その下側にはスプルースの板が貼ってある。このスプルースはなぜ貼ったんだろう?ブリッジプレートを解体なしでホールから修理するってのは難しいのよねぇ・・・。もっと簡単に考えていたからまたしても安く見積もりすぎちゃったかなぁ・・・。 まぁ頑張る。 とにかく浮いたメイプルを貼っつけたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください