養生で見えない

サイドのリフィニッシュ、どうしたって色は合わないものだけど、部分塗装の難しいところは塗らない場所の色が見えないというところ。記憶を頼りに・・・もうちょっと濁ったような色だったんだけどマホガニーがキラキラしちゃう。あとで艶消し吹くけど。

アンカーのあった穴をふさぐ。最後に貝のインレイでゴマ化すこともできるよと言ったんだけど黒けりゃいいというのでエボニーそのまま。これが我ながらとても上手くいった。

膨らんだトップに合わせてブリッジ裏を削ったら、竹を切る。木工やるなら竹がいるでしょと、以前うちの敷地に生えていた竹を取ってあったもの。最近はこんなに太いの出てこないなぁ。

ホールからブリッジまでが遠すぎて、こんなの接着できるクランプが無いので竹で圧着する。このブログやうちのHPを見てきた人なら竹を見た瞬間に気づいた通り。はずしたりする時にトップに傷が入りかねないからベニヤで養生しておいた。ずれていないかとても見にくい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください