連絡が来た

販売店から連絡が来た。商品に問題はありません、だと。これを心配していたのだよ。素子に圧はかけたのかと問うたが、コードに負荷をかけたとしか答えないのでギターに取り付けてはいないんじゃないのかな。そういう国だよ、日本は。責任は取りたくないし、みんながサイエンティストじゃない。サイエンスとはまず現象があってその理由を探るもの。目の前の現象が真実であり絶対で、現象が無かったというのは非現実で嘘である。解らなかったなら理解する。理由は必ずある。戻ってきたら原因を探って修理するか新しい物に替えるか、オクターブ調整兼ねてサドル溝を広く掘り直せばうちにあるワイドの素子も使えるし。何とかせねばだけど、まずは不愉快だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください