トリマー修理。いい音色だろ。

待望の品が届いた。

早速はずしてみる。ビットが入るところにプーラーの軸がすっぽりなので皿ねじを落とし込んでから締めてみると案外とあっさりと。

やや!なんとベアリングの裏面が違う。まったく同じ型番なのに。昔と製品ナンバー変わったか。なるほど、ちょっとベアリングのことがわかったような気がする。

でもひとまず取り付けて電源を入れると・・・
フィィィーーーーーンッ!完ぺきだ。
ガァァァーーーガガーーァァーガが
フィィィーーーーーンッ になった。いい音色だろ。
でも裏ぶたが無いんじゃ長持ちしなそうなのでムサシへ行ってみた。メーカー違いで売っていた。ネットなら半額で買えるよぉ。

再び交換。今度はブフォォォーーーーッになった。まぁよし。使ってみる。

バッチリだぜ。分解取り付けを繰り返した際にカーボンブラシが欠けたことが原因か、時折接触不良でウンとも言わないことがあるけれど、完全復活。これであと10年は戦える?

ちなみにオークションで落札したのも届いたので試してみる。いやぁ、ひどく錆びてベースに透明度はなく俺のよりも年寄りそうだ。きっと業者が屋外で使っていたんだなぁ。音は
ジィーーーーーーーーー
そのうちこいつも新しいベアリングをつけてあげよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください