トリマーの寿命

昨日箱になったボディのサイドを研磨。バインディングの溝を切る準備ができた。

さぁ今日はブリッジ。ヤバイヤバイ。トリマーがいよいよ変な音がする。かろうじて動いてはいるけれど回転も不安定。ブラシは替えてから数年しかたってないよ。日立M6、数年前に廃番になってるのに!この堅牢で重厚なボディがいいのに後継機は細身でプラスチックボディだったような。軽いと使いにくいのよ。何よりすべての治具がこのトリマーに合わせて作ってあるから非常に困る。工場に勤務して最初のボーナスで買ったから16年以上の付き合いなんだけどねぇ・・・。

ブリッジを完成させて接着。

バインディングの溝切りだってM6を使うわけで、おそるおそる分解してみた。

モーターだったらお手上げだと思っていたんだけど、この手前の大きなベアリングが明らかに悪い。希望が出てきた。 同じ型番のベアリングとベアリングプーラーを調達すれば復活するかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください