牡蠣小屋初体験

今日は妻の私用の運転手として同行して、平日昼間に時間ができたので、ずっと行きたかった牡蠣小屋へ向かった。今ほどあちこちに無かった10年前から機会をうかがっていたのだけれど、休日は予約が取れないし、「2名から」というのが最大のネックとなって、これまで行けていなかった。

着いたら既にスタンバイされている。待ち時間ゼロでスタート。

きゃー!あがるぅ~!直後にスコップで2杯追加された。一度牡蠣に手を付けるとカメラは触れないし、そもそも手が止まらない。その瞬間を撮りたかったんだけど。

宮城県民で良かったと思った。こんな贅沢があろうかと。向かいのおねーちゃん2人組は早々にリタイヤ気味だったし、左手の初老の夫婦は奥さんが牡蠣嫌いだったんじゃないかと見えるほど。我々夫婦がさぞかし異常に見えたことだろう。途中から数えられていないけれど、少なくとも一人60以上は食べたろうなぁ。100には届いていない。鉄板の上をなんとか綺麗にして満腹でフラフラするほど堪能した。ごちそうさまでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください