気がせいていかん

裏力木の接着。写真は震源地のそば。手前のも明らかに浮いている。

力木を全て固定したのにまだタッピング音がおかしいと思ったら、バックセンターの割れ止めも浮いていることが判明。見てもわからないから全部直してみないと気付けない。

それから補強材も貼っておく。

バインディング剥がれの修理も着手。思ったより手ごわかったぞ。研磨が大変かなぁ・・・。

師走が目前に迫って急にやるべきことがたくさんあるように感じて気ぜわしいというか、、、実際に忙しいんかな。こんなに仕事がないと騒いでいる工房でさえ年の瀬になると忙しくなるんだなぁ。急いては事を、なので気をつける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください