塩竈まうで

見たことのないパッケージの良さそうなお酒をいただいた。浦霞「塩竈まうで」。店舗限定販売だそうで。今日は久しぶりにおでんを仕込んだのでちびちびいただきます。後ろは夕飯後の再加熱中。

あ~おいしいね~。何ていうか、こっくりとしてる。甘いわけじゃなくてむしろ辛口の部類だと思うけど、濃いうまみがあるというか、冷でちびちびにはもってこいだな。

おでんだったら味のしみた大根かちくわぶ、それからジャガイモ。ちなみにおでんにちくわぶとジャガイモが入っていない物は楽しみが半減しているという主張は変わらない。それから牛スジだのウインナーだのは肉がゆえに邪道である。美味いかもしれないけれど、そもそもおでんとは魚介(昆布、タコ、練り物)のだしを楽しむものであり、最終的にそれらのだしを吸ったちくわぶとじゃがいもをいただく鍋物である。これには異論反論オブジェクションがある事は重々承知しているけれど、一切の聞く耳を持ち合わせていないのでごめんなさい。若いころからの主張で変わった事と言えば、和がらし以外に柚子胡椒(赤はなお良し)でもいけるということくらい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください