極薄ギター

非常にアメリカンなルックスの極薄ギター。「弾けるようにしておいて」ということなんだけど、弦が張っていなかったのでイマイチよくわからない。サドル交換は必要なので後は弦を張ってみてやりながらってことで。

逆反り傾向はロッド緩めて弦張って、ある程度までは改善するけれど1フレットの部分で反っているのはどうにもならない。1フレットだけだから背の高いフレットに交換しちゃう。はがれかけていたピックガードも貼り直し。

すり合わせしてナット換えたらまずまずいいんじゃないかなぁ。弦高はもう下がらないし。

春だかにデザインを学ぶ学生さんの取材を受けたんだけど、出来上がった作品をわざわざ届けに来てくれた。働く人のポートレートを撮るとかっていう授業の課題だったらしいんだけど。これがカッコよく出来上がってるのよね。カメラは同じくらいだったんだけど、やっぱりセンスなのかな。俺は写真がへたくそだなとちょっと妬けた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください