小さなローラーすべり台

昨日のブリッジの続きから。厚みが1mm薄くなったことでオリジナルの丸みは出なかった。ピン穴はボディに接着後、リーマーで広げて面取りするので今は小さく見えている。オリジナルのような光沢感のためにバフがけした方がいいかもしれないな。

こちらも続きを。裏力木を削ってみがく。

合板のボディが優秀で裏板がなくなってもそれほど変形していないみたい。制約がなくなると広がったりしてネック角が狂うものなんだけど、そんなに心配しなくて良さそうなのですんなりと接着。

新しい製作にも着手。もう一本のargo。早速はぎ合わせ。長さ60cmの長いクランプ3本と上の写真にもあるけれど昔100円均一で買った黄色いフレームのクランプ2本を除いて、手持ちのFクランプの全てが出払った。このぐらい色々な作業が密になるとクランプ足りないんだな。余裕ができたらクランプ買おうと思ってもう何年経ったろう。

今日も良く働いた。何しろバインディング溝堀り前のサイドの研磨を終えたんだから。木の粉と汗で一刻も早くシャワー浴びたいところだったが・・・。

独りで登って滑り降りてくる事ができるようになって楽しくて仕方ないらしく保育所から帰ろうとしない1歳7ヶ月。1回のはずが3回4回、暗くなるしもう帰るからダメだと言って泣きわめく娘を抱えて車に乗せても「おりるおりる」と連呼して暴れて、まぁ大変でしたとさ。湖畔公園のローラーすべり台はお尻がすごく痛くなるんだけどこれは大丈夫なんだろうか。来週から毎日今日みたいな戦いになるのかな?時間かかるなぁ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください