ニーム

ナスとミニトマトにつく二十星テントウをなんとかしたい
木酢液についてちょっと調べてみたところ
製法によってはホルムアルデヒドやキシレンが含まれる(ウィキペディア)とか。
あの、目や鼻などあらゆる粘膜がビリビリするホルマリンが含まれるんじゃ使いたくないし
キシレンが入ってちゃ何のためにピュアラッカーにしたのか分からない。
まぁ、ホルマリンは極々々少量ニカワの防腐剤として使うんですけど。

そこで、農業専門のホームセンターに行って聞きました。
そんなお店があるんですね。
「出来れば農薬を使いたくないんです」
と、言って出てきたのが
   ニームオイル
その希釈液を買ってみました。

家に帰って早速ニーム(neem)について調べました。
ニームとはセンダン科の木でニームオイルはその種子から抽出されたもの。
センダン科といえばマホガニーの仲間です。
急に親しみが・・・
どうやら国連も推奨(?)していて、インドでは石鹸・シャンプー・歯磨きにも使うとか。
ちょっと安心感が出ました。
農薬のように植物にしみこまないので、効果は長続きせず
殺虫ではなく防虫と考えてよさそうです。
さ、今からヤツらを追い払ってやりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください