キシリア

精神疾患だと家族を皆殺しにしても無罪らしい。
犯行時責任能力がないと無罪らしい。
4年前の土浦の事件だ
http://www.asahi.com/national/update/0627/TKY200806270167.html
責任を取るのは犯行時ではなく
判決後なのに。
どんなに精神疾患だろうが、どんな脳障害を患っていようが
殺人者は極刑とは限らないにしても有罪であると私は思う。
責任能力が無くても、ある程度の責任を取ってもらうべきだと私は思う。
被害者がうかばれない。
今年、司法試験を受けた親友は何と言うだろうか・・・
これから始まる裁判員制度の、否、今日以降の全ての殺人・障害事件の
判例とならないことを切に願う。

明日、明後日と両親が様子を見にココに来るらしい。
実家がもっと遠かった時には、絶対に無かった事なのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください