画像

「過ぎ去りし夏」 南澤大介

サイズ変更DSC_4338_

#074 argo 、以前から試験的に作っていると言っていたギター。今更種を明かすと、以前、南澤大介さんにお会いした時にいくつかアドバイスをいただいて、それをもとにソロギター向けにどうだろうと作ったギターだったのです。ちょうどオーダーでもスルーブリッジの話があってモチベーションが上がっていたのも好材料でした。それを南澤さんに試してもらったところ、なんと!!

なんと!なんと!

ご自身のオリジナル楽曲をこのギターで録音してくれました!!!

ソロ・ギターのしらべ 「過ぎ去りし夏」 南澤大介

第一印象は星空でした。星空と涼しくやわらかな風。美しく、どこか哀しげ。ゆったりした曲は弾こうとすると思った以上に難しいってパターンでしょうか。

感激により興奮状態のため取り急ぎ報告のみで失礼します。ところで楽譜と音源のセット、安すぎないですか?別アレンジ3曲追加でって。

 

 

#073fifie13FJ

こだわりのオーダーギター完成。fifie-Cu.13FJ レッドウッドトップ、カーリーメイプルサイドバック、ペアーウッドネックなど細部にわたるまで材料や意匠にこだわって、それでも過剰になったり華美な印象にならずに済んでいるのは艶消しも一役買っているだろうか。音はレッドウッドとスルーブリッジによるところが大きいだろう。レッドシダーに似て甘く軽やかなのにキリッとクリーンでフィンガースタイル向きのすがすがしさがある。

サイズ変更DSC_4209 サイズ変更DSC_4225 サイズ変更DSC_4226_01 サイズ変更DSC_4235

 

#070CL-M

ガットギターが完成してから写真を撮っていなかったので。

ドイツ松にローズウッド、エボニー指板とホンジュラスローズウッドのブリッジ、ゴトーのゴールドとシルバーの糸巻き。きわめて真面目なギター。

サイズ変更DSC_2161 サイズ変更DSC_2165 サイズ変更DSC_2174

 

 

#069cl-M

まずはガットギターから、完成。

巻き弦の音がこれまでで一番気持ちいいかもしれない。

写真撮ろうとしたら突然雨がパラパラっときて慌てたけど晴れたね。

鉄弦の方も今日ブリッジ接着。写真は忘れた。

サイズ変更#069-021 サイズ変更#069-024 サイズ変更#069-032 サイズ変更#069-037

#067argo

ピックアップのチェック、写真も撮って、はい、完成。

昨日のブログ見てオーナーさんやってきて、最終確認を一緒にしてそのまま納品。完成から納品まで最短記録。

L.R.BaggsのiMixもいい感じ。生鳴りも豊かでargoも一皮むけた気がする。カッタウェイのインレイも主張しすぎず、目立たなくもなく、バッチリ決まったし、ロッドカバーのわんこに貝の模様もマッチして、見た目も音もなかなかいい仕事ができたと感じている。

サイズ変更DSC_4342_172 サイズ変更DSC_4396_171 サイズ変更DSC_4366_175 サイズ変更DSC_4365_174 サイズ変更DSC_4384_177 サイズ変更DSC_4381_176

 

#066 classical-M

午前中、雨の上がっていた時間帯があったので、すかさず写真撮影。

アフリカン・ブラックウッド、美しいだけでなく、あれほどヤニが多かったにもかかわらず塗装の乗りも悪くないように見受けられる。カリンと音もいいし、硬いけれど焼き曲げてしまえばそれからあんまり動かない。素晴らしい材料だ。高いだけのことはある。

材料のポテンシャルに見劣りしないいいギターができたんじゃないだろうか。

サイズ変更DSC_0077

 

サイズ変更DSC_0083 サイズ変更DSC_0088

 

サイズ変更DSC_0093

http://tupliguitar.com/gall-classical.html

#052vesse

ネックを削りなおしてトップの塗装も一新

生まれ変わった。

音は相変わらずのじゃじゃ馬でラウドだけど、なんか状態がいいので弦高は低めにすることができた。

サイズ変更DSC_9623

#064 argo

納品して、おじ様が子供のような無邪気な笑顔になったのを見るのが至福の時間。

カーリーメイプルのピックガードもオシャレに決まって、シックで大人な一本になった。

a064a064h

 

こちらにもっと画像アリ。