焼き焼き曲げ

曲がらないモアビ、曲げることに成功。バインディングでよかった。サイドじゃなくて。

実はこの直前に大失態をやらかしており、材料的に後がない背水の陣で迎えた3度目の正直だった。焼き曲げ機のコンセントの差し替えを忘れるというミス。何か木の焦げるような臭いがして、寒くてストーブをつけていたので木の粉とか屑だろうといったんスルーしたせいで気付くのが遅れ、コゲコゲのバラバラになってしまった。こんなミスをしておきながら3度目はこれで行けそうだという感覚がなんとなくあった。(後から言うよね。)

 

焼き曲げは冷ます時間も込みで朝から夕方までなので、その間には他の仕事も色々。まずバックの割れ止めを接着。

エレキのフレットすり合わせ修理。そんなに状態悪くないんだけど、なんでかね~。

昨日貼ったブリッジの後処理も。これ、ピンは交換されているよね。溝のないエボニーのピンなんてこの時代tupliでもないのにデフォルトでついていたとは思えない。市販のブリッジピンにはテーパーの角度が2種類ある。その角度が合っていなかったり、ピンが穴に対して太かったりするのに無理やり押し込めばピンはクサビの役割をしてブリッジが割れる。ゆるい分には関係ないけど。もちろん、過乾燥だったりエボニーなんて比較的割れやすいから材料のあたりはずれ、運不運みたいなことで割れることだってあるので原因はわからないけど。たかがブリッジピンの交換されど・・・。

 


曲げに弱い?

朝その日にやるべきことを紙にリストアップしないと、これまでのように頭の中だけでは他のことにムキになって時間を費やしたり取りこぼしたりする。歳だろうか。単に同時進行していることが多すぎるのだろうか。ネックヒールの接着から。

バックセンターを入れる。ウッドのパーフリングは滑らないしボンドで濡れると柔らかくなるから本当に入れにくい。もうちょっとゆるくていいんだろうなぁ。

ブリッジ交換修理、接着。

バインディング曲げ。モアビという材、ちょっと調べると硬いけれども曲げに弱いと書かれている。やっぱりその通りだった。でも割れずに曲がっているものもある。全滅さえあり得ると思っていたので上出来じゃないか。明日再挑戦。


すっかりなまってる

週末は妻が結婚式にお呼ばれで東京行ってたのでまた娘とお留守番。今回はドラッグストアへの買い物以外出かけもせず家で洗濯してパンケーキ焼いてお絵かきして飯食って寝るを繰り返した。かなり言葉が達者になってきて時折ちゃんと文章になる。「ナンコレーアナアイテルー」、「パパコレオチチャッタッタ」みたいに。ただ「い↑や↓だ↑」の思いっきり宮城県南イントネーションに複雑な気持ちになる。

今日はピックアップの取り付けが2台、午前に預かって午後返却という仕事のほか、はぎ合わせた表裏を研磨してならしたのと、ネックの加工。

 


小さなローラーすべり台

昨日のブリッジの続きから。厚みが1mm薄くなったことでオリジナルの丸みは出なかった。ピン穴はボディに接着後、リーマーで広げて面取りするので今は小さく見えている。オリジナルのような光沢感のためにバフがけした方がいいかもしれないな。

こちらも続きを。裏力木を削ってみがく。

合板のボディが優秀で裏板がなくなってもそれほど変形していないみたい。制約がなくなると広がったりしてネック角が狂うものなんだけど、そんなに心配しなくて良さそうなのですんなりと接着。

新しい製作にも着手。もう一本のargo。早速はぎ合わせ。長さ60cmの長いクランプ3本と上の写真にもあるけれど昔100円均一で買った黄色いフレームのクランプ2本を除いて、手持ちのFクランプの全てが出払った。このぐらい色々な作業が密になるとクランプ足りないんだな。余裕ができたらクランプ買おうと思ってもう何年経ったろう。

今日も良く働いた。何しろバインディング溝堀り前のサイドの研磨を終えたんだから。木の粉と汗で一刻も早くシャワー浴びたいところだったが・・・。

独りで登って滑り降りてくる事ができるようになって楽しくて仕方ないらしく保育所から帰ろうとしない1歳7ヶ月。1回のはずが3回4回、暗くなるしもう帰るからダメだと言って泣きわめく娘を抱えて車に乗せても「おりるおりる」と連呼して暴れて、まぁ大変でしたとさ。湖畔公園のローラーすべり台はお尻がすごく痛くなるんだけどこれは大丈夫なんだろうか。来週から毎日今日みたいな戦いになるのかな?時間かかるなぁ。

 

 

 

 


修理あれこれ

今日は修理あれこれ。バキバキだったギター、裏板の地ならしを終えてようやく力木の接着。

ネック折れ、とはいえ、こんなに地味な割れ方も珍しい。ボンドが入るスキがない。染み込むようなシャバシャバの接着剤でつけてみることにする。

裏板が割れてながらくそのままだったギター。セロテープとビニールテープが貼られていた。割れた後で材が動いて隙間が開くのではなく重なるように閉じてしまったようだ。これもちょっと珍しい。

そのままでは段差が大きいのでナイフを入れてから固める。完了してこんなでご了承いただけたら。

割れたブリッジの交換。オリジナルをコピーする。サドルの溝は2.5mmから3mmに変更させてもらったけど。今日はピンの穴を開けたところでタイムアップ。


5年ぶりのバリウム

今日は保育所の進級式だったが私は町の胃がん検診でバリウムを飲んできた。このバリウムが嫌い過ぎて5年ぶり。バリウムもさることながら発泡剤が苦手だ。5年前はこの健診の後半年間ほど逆流性食道炎みたいな症状に悩まされた。今日、吐き気については健診後1時間ほどで収まった。ただ、この時間になって腹が痛い。明朝追加の下剤だな。はやくおさらばしたい。

箱になったボディの余分な材をナイフとカンナで削り落としたところ。この後のサイドの研磨が大変なんだよなぁと毎回二の足を踏むんだ。型枠があいたのでもう一台も進めなければいけないし、またたまってきた修理も進めなければいけないな。

こちら、ヘッド裏の化粧板を接着し、余分をナイフでざっくり削り落としたところ。

 

 


箱化とモアビ

接着した力木を削ってみがく。スキャロップはごく浅め。近年この辺りで合わせるようになった。そして箱へ。

ヘッド裏にはモアビという丈夫そうな材を貼る。なんとか曲げることに成功、接着準備をする。

なんだろうなぁ、すごく目が痛いなぁ。


表づくりとブリッジ剥がし

今日は表の力木接着。夕方雨が降り出したのでそれまでに間に合ってよかったなぁと。

それから、ブリッジをはがす作業。割れてしまったブリッジを交換する。塗装もすっかり弱っていた。ヘラ差し込んだらつぶれてブリッジ周りが汚れてしまった。

 

最近娘が夜泣きするようになった。


年度替わりってものを15年ぶりくらいに

引越しして以来最初だったんだな、氷を作ろうと思ったのが。でも自動製氷機が水を吸わない。なんでだろ。氷作れないので焼酎をストレートでいただくとするよ。超ちびちび。100均で製氷皿買ってくるかな?

昨日は作業したんだけど、娘の寝かしつけで手こずって一緒に寝てしまいブログ書けず。今日は妻が遊びに行ってしまったので娘とデート。例によって中華料理屋とショッピングセンターだけど。そういうわけで昨日の作業報告をば。

接着したブレーシングを削って、サイドとバックとの接着面を仕上げてから、サイドに割れ止めを接着。その割れ止めを磨く。

で、裏板接着。途中来客があったりもしたけれど、帰って夕飯の支度を整えてから保育所へ迎えに行くために夕方早めのタイムリミットがあるわけだが、それまでにきれいにこの日のノルマを完了した。

娘もとっても慕っていた担任のM先生が退職されるというので本当に残念。先生、朝から泣いていたもんなぁ。まだ若いしなぁ。数年後に戻ってきてくれるんだと思っていたら、どうもそうもいかない事情のようで。新しいお仕事でもご活躍されますようお祈り申し上げ候。

 


やっぱりボンドで

サイドの準備。こういう堅い木を扱う時は特にちゃんと刃を研いでおかないとダメね。ついつい研ぐの面倒がってしまうけど、切れるようになると気持ちいい。

裏力木接着。過去にブラックウッドを使った時とおんなじ、ヤニが多いので膠ではなくボンド接着。

おうちはなくなった。西側のU字溝は残すって聞いてたんだけどなくなってるなぁ。


ギター工房tupli でのギター製作と日常を綴ります。