鉄用とナイロン用と

ペグ穴をあけなおして鉄弦用の新しい糸巻き装着。そうか、ポストが細いから1弦4弦で弦が糸蔵に当たりそうだ。そう設計されてないから。プラスチックのポストじゃ鉄弦だといずれ割れちゃうから、どっちを取るかってことなのかなぁ。

父の形見というギターの修理。1950年代のものではなかろうかとのこと。最小限の修理でということなので、フレットの浮きをおさえて固定し、表割れを直すにとどめる。それで弾けるようになるはず。ノーマルテンションのガット弦が在庫切れ。いつのまにかハードばっかりになっていた。こちらは鉄弦用の糸巻きがついている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください