カバコさんの穴埋め

アイロンとすり合わせで逆反り傾向だったネックがおおむね真直ぐになって修理完了。ブリッジを薄くしたりサドルの頂点がピンに近かったりでこのように弦の巻き返しがサドルに乗ってしまう場合、

古い弦のボールエンドを通しておけばOKなのよ。この方がチューニングも安定するでしょう。

次の修理は珍しいカバキーニョ。ファンブレースの優しいボディに鉄弦なので楽器は結構辛そう。フレット交換がメインなんだけど、ナイロン弦向けの糸巻きがついているのでこれを鉄弦用に交換することになった。ペグ穴を埋めなきゃいけない。

楕円の穴が開いているので合わせるのはちょっと難しかった。マホガニーの端材、取っておくもんだね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA