オイルネック

グリップの塗装、完全に剥がさない程度にペーパー当ててステインすり込んだらいい具合になじんだ。剥げた所と色が残っていたところに境界ができていない。オイルフィニッシュだからかな。以前は全然気づかなかったけど、ちょっと綺麗にしてオイル塗ったら、虎杢出てるじゃない!なかなか綺麗なマホガニーだ。でもあんまりビカビカに新品ぽっくしちゃうとヘッドやボディから浮いちゃうのでこの程度で。あと悩ましいのはナットなんだな。

ちなみにオイルフィニッシュってオリーブオイルとかレモンオイルとかは違うんですよ。これも塗料。染み込むタイプの。

ちょっと前、なんかのついでに買った修理用のジャッキが不良品でスクリューが全く動かなかったので、間違いだらけの英語で交換してってメールしたら新しいのが届いた。「もし税金取られたら払っといて。返金するから。あなたの忍耐と協力に感謝します。」だって。日本だとたいてい不良品を送り返してって言われるけど、アメリカってこういう対応の速さじゃピカイチだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください