艶消し化

艶消し塗装は吹き付けの後、研磨もバフがけもいらないのであるが、研磨できないがゆえに小さなホコリが付いたりちょっとした塗料の粒とかがくっついてしまったとしてもそのままになってしまう。吹き付け2回で仕上げられたら良かったのだが、さっとペーパー当ててから吹き付けなおしたりして結果的にほぼ一日がかりになった。塗料こぼしたり色々あったけど、まぁなんとか。

ヘッド折れアーチトップはクランプでも塗装が全く欠けたりもしなかったので、本当に小さなタッチアップで終わらせることができた。過去最高に最小限で楽チンに仕上がった。

 

「艶消し化」への3件のフィードバック

  1. 艶消し塗料、私以外に使う人いるのか心配でした
    ローズだと高級家具調でメイプルとはまた違った味わい
    結構人気になるかも??

    1. 艶消しもいいですね。さらっとした手触りも心地よいです。
      艶消しにスルータイプブリッジに寄木のホールロゼッタ、ストレートのヘッドまで好みが似ているようですね。

      1. 自分のワガママが他人様を感化したなんて訳はないでしょうが、オーダーギターは夢の実現
        先行き不安ばかりで夢を持てない現代、男達の夢を紡ぐ南部さんは、首相より都知事より尊敬すべき人じゃないかと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA